いよいよ納車の日だっー!    2005年12月3日   
そしてついに納車ですよ! 待ってました。
契約した日から銀次郎には会ってませんでしたから久しぶりでした。
前日までに連絡で判っていたのですが、パーツは間に合わないモノが結構ありまして(笑)、
仮納車のような形でしたが、我々としては早く乗りたい訳です。大人気なく・・・。もう、子供の遠足状態
 
お電話でお話したように、シーシーバーはまだです。キャリアもありません。サイドバッグのステー、ウインカーの移設もまだです」と言う状態だったのです。でも、タンデムできれば取り敢えずは問題がありません。二人で走れますから。

朝から
N横浜店に行き、サイドバッグはデグナー製が良いとなり決定。但し、革のタイプではなく合皮のタイプとしました。何しろ最初のアイテムですから、どんな風になるか分かりません。いきなり高価なモノで失敗はしたくないのですよ。ディスクロックヘルメットのロックワイヤーを同時に決定。これらは、納車された銀次郎に乗って買いに来る予定です。
その後、最近出来たばかりの
モス・バーガーにて腹ごしらえ。久しぶりの電車でMオート販売へ。

昼過ぎにお店に到着して、かな〜り待って(お客さんが多いので大変なのね)、「さ!セキュリティーシステムの暗唱番号ですが、どのようにしましょう?」と。数字を決めてセットしてもらいました。使い方を教わり、エンジンの掛け方、暖気の仕方、など注意事項を一通り教わります。これ、結構重要です。いろいろ教わると更に愛着が増すようにも思えますね。面倒が面倒とは思えないのです。他にも任意保険の手続きやら細かい説明やらでほぼ半日仕事でした〜。

そして、お店の外に出た銀次郎に跨がり、もうとっぷりと日が暮れた六角橋をスタートしたのでした。
その足で、N横浜店へ。午前中に決定済みの必要な品物を購入して一旦帰宅。とは言っても不要なモノを置きに帰っただけで、ウキウキ♪状態の二人は、そのまま慣らし運転へと出掛けたのです。


【こぼれ話】

そうそう、納車までの間に
マニュアルを読みました。このマニュアル、サイズは小型ですが厚みが凄い!
何故なら、全車種のマニュアルだから(泣)。持ち運びに重いのです。スポーツスター883に関する部分はほんの一部なんですけど・・・

それとオーナーズキットのようなモノを契約日に頂きました。内容は実にアメリカチックです。
ストーリーがそこにはありますね。日本人だと少し照れるような、こっ恥ずかしいような、そんな仕掛けがあったりします。但し、よく考えられているなぁ〜と、思うのですよ。ん〜〜、実にアメリカン。。。

後日、とても参考になった暖気運転の仕方・・・と言うかチョークの下げ方のコツなんですが、「暖まったなと思ったらチョークを下げます。スロットルをじわっと開けてクシャミしなくて、アクセルにエンジンがついてきてるようならOKですよ」と。これを何度か行って、チョークを下げてもクシャミしなくたったら完全に大丈夫。「クシャミ」、分かりやすかったです♪

【Mオート販売/六角橋にある本店にて】
分厚いピリオン・シートがなかなかグラマーでしょ?
調布にある別のディーラーの店先においてあった中古のスポスタに
装着されていたモノを見た時に「これだ!」と。

隊長お気に入りのスカジャンで引き取りです。今後もこのスカジャンが桃隊長のトレードマークになるでしょう♪
あまりの感動に、思わず跨がっている桃隊長の図です。


以前、ハガーに跨がった時、「重いわ、これ!横に揺らせないもん!」とべそをかいておりましたが、その違いを実感したかったのでしょうか。確かに銀次郎は軽く感じます。

*2007年モデルの883LOWは更に低くなり、軽く感じます。
 桃隊長が一瞬羨まし気に試乗車を睨んでおりました。

 しかし、中古車のハガーに跨がると、今でも重いと感じますな。
 (07/02追記)

<オーナーの七つ道具みたいなセット>
何となく微妙なデザイン(左)のバッグの中に、、、工具ポーチ、(車検証入れ=これは後日)下がマニュアル類一式(右)。
バラで販売されているカスタムパーツのカタログハンドブックガイドブックも含まれていて、「あ〜、買わなくて良かった」と。
何故だか、貰いモノが多いと嬉しい気がしますね。
得をした感じですかね(笑)。

保安基準ハンドブック」も「カスタムガイドブック」も当たり前の事が記されていますが、一応全てに目を通しましたよ。