昼寝計画失敗・・・なんで奥多摩周遊道路?  2009年 6月7日 晴れ
 海の次は山だろうと勇んで昼寝をしに出掛けましたが、大失敗でした(泣)! 秋川渓谷辺りを考えていましたが「都民の森なんか良いんじゃないの?」と仕事の同僚が悪魔の囁きを。どんなだかは知らずに「じゃ、行って来るわ♪」などと出発。

 五日市街道をひたすら西に走って立川福生を抜けて五日市まで。この辺からは峠道ですわな・・・道路の案内板を見ながらのんびりとまったりと走っておりました。天気は非常に良くてルンルン気分でありましたよ♪ 途中からトライアンフの半袖お兄ちゃんと一緒に走りクネクネ道路へ。気温は少し下がっており快適そのものです。森林浴コースを気持ち良く走っていくと・・・渓谷らしい風景も垣間見えます。次第に勾配プラス急カーブが・・・むむ、加速レスポンスが乏しい銀次郎にはちとキツイ道であります。頑張って唸りながら進むものの、下からフォォ〜〜〜〜〜ンと飛ばしてくる輩には叶いませんので超左側通行になりますな。

 そんなこんなで「都民の森」まで1km付近で休憩♪ 良い頃合を見計らって出発・・・さすがにすぐに着きましたよ(笑)。駐車場の中のバイク置き場は満車状態。少し待って駐車し、プラプラついでに昼寝をと思いましたが、何だかハイキングコースみたいな案内図・・・ほぼ高尾山と同じ雰囲気ですぞ。これは無理・・・しかも眠気がどっか行ってしまったし(泣)。缶コーヒーで一服してすぐに退散致しました〜。下りものんびりと名所?見物。多摩川の河原にでも寄って昼寝しようかと思いましたが、帰宅してから爆睡致しました。。。場所を探す気にもなれないくらいだるかったんですね、この日は。でもま、無事で何より♪

<本日の走行距離 約140km/ 給油時の燃費 17km/L> 


出発して間もなくの五日市街道で。

これから向かう西の方角も上天気ですよ♪♪
もうね、完全に初夏を思わせるような空、雲、気温でしたな。

ただ道に沿って西へ走るだけです。

福生を抜けて五日市です。山、緑のエリアですね。空気が濃くなって来てますよ♪ 気がつけばトライアンフの旧車乗りのお兄さんと一緒に。
麓からマイペースで上って来ましたよ♪ 目指す「都民の森」はすぐそこですが、見晴らしも良いのでここで小休止です。
ん〜山だなぁ〜って感じでしょ? この辺で昼寝でも良かったかなぁ。ボンボンベッドでも積んでいればね! そして「都民の森」到着です!
まあ、よく有りがちな風景ですね。

特産物やお土産や・・・ほっとします。

こんなに駐車場が混んでいなければまったりとしたかったんですけどね、落ち着かないですから。

ソロ、グループ様々です。車種も様々。スポスタが2台ほど駐車してました。ビューエルも、BMWも、その気の皆さん大集合って感じでしたかね。

年齢的には若者・・・と言うより中年寄りでしょうか、その分落ち着いた雰囲気でしたが。

駐車場のほんの一角をバイク用にしてあるため、下の画像のようにギュウギュウなんですよ、遠目から見ると。

まあ、あまりにも落ち着けないので早々に撤退致しまして、上りの途中で見つけた立ち寄りポイントへ♪ 滝ですよ、滝。マイナス・イオンの宝庫ですな♪ 日陰でひんやりと気持ちが良いのです。むしろ肌寒いくらいでして、ここでは昼寝はちょっと無理でしたな。河原があって日が当たっていれば・・・寝てたかも。
橋の上から真下を・・・怖いですな! 目をつけていた「九頭龍の滝」ですよ♪
滝自体はそれほど迫力あるものではなかったんですけど、満足致しました。

小虎の大好きなシダやコケも豊富でした♪
欲しいからと言って採取しても平地の条件が揃わない所ではすぐにダメになってしまいます(泣)。

今回は見てるだけ〜。。。

←なんでも、ここから多摩川合流までの距離が33kmほどとか
 書いてありましたよ。
そして走ります! 河原に降りられる場所も行きにチェックしてましたので、ちょこっと撮影。

ん〜奥多摩って風情が醸し出されているように思います。

下の花畑?はこの河原のちょうど上なんですけど、交差点に近い場所です。あまりに鮮やかだったので銀次郎も記念撮影してみました。

花を撮影してたらモンシロチョウも来たりで平和そのものです♪

交差点付近ではフォオオオオ〜〜〜〜ンと走り去るバイクの音が響いてますけど(笑)。

ちょっと変わった橋です。道に対して斜にかかって吊ってるんですな、これ。

リアショック片側・・・みたいな。


変身した銀次郎ですが、分かりますかね? 前後とも車高が下がってます。乗ってる姿を沿道のガラスなどで見ると、スポスタより一回り大きなバイクのようにも見えますぞ! なかなかやぁ〜ん♪ ハンドルをアップさせたいけどなぁ〜。
ちなみにシートはキジマ製シングルではありません。いつものタンデム仕様です。

【こぼれ話】

今回も目的が達成出来ませんでした(泣)。なかなか昼寝も難しいのねん。しかし、帰路眠くなるってのはね〜困りますね(苦笑)。

トラのお兄さんは半袖Tシャツでしたが、途中から寒く感じたと思いますよ。まだ半袖には時期尚早でしょうかね。良い音させてました。両サイドの細めのキャプトン。 峠は白バイと警察車両が見回りしてますね。ペースメーカーです。だからその後ろは数珠つなぎとなってました。事故が多いのだから仕方ないですね。帰りの花畑の交差点で赤信号で並んだ2台、その横を挑発するように青で一気に抜いて行く1台・・・3台ともあっと言う間に視界から消えました(笑)。音さえも聞こえませんでしたね・・・カッ飛びバトルですよ!

さらに下って麓の福生まで来たら空腹で立ちごけの危険を感じました(まだ言ってますが)ので、もう入れる所ということで「すき家」へ。何も考えずに「特盛り・・・つゆだくで」と注文。この時に気付いたのですが味がよく分からない。。。むむ、風邪気味なのか? 空腹なのか風邪なのか眠いのか、全然分からない状態ですな。よくちゃんと帰れたものですよ。

もうすぐ立川という所で1台の群青色(変な表現ですかね?)のスポスタと一緒になりました。ライダーは私より少し年上でしょうか。リアフェンダーに小さなアンテナ、異様に低い車体・・・10.5インチのショックですかねぇ、いやぁ〜低い。ハンドルはローキンのような形状でサイドカバーはメッキ、レバーには長いフリンジがビロ〜ンと。ナンバーはサイドに移設してあり縦じゃなく横付け!・・・かなり個性的な1台ですな。一度見たら忘れないスポスタです。きっと有名なんだろうなぁ。

甲州街道で擦れ違うバイクの半分はハーレーか、と・・・何で??? と思いましたが、調布の味の素スタジアムを通過する際に「アメリカン・フェスティバルかぁ〜!」と分かりました。試乗会(カルガモの親子のように並んで走すのねん)のハーレーが5〜6台信号で停車中でしたからな。しかし、いつ見ても面白いもので、試乗会で乗ってる人達ってみんなハーレーが似合わないのですね(笑)。勿論、我々もそうだったのでしょう。きっと乗りながら似合っていくものなのでしょうな! いやいやこれも奥が深いですね♪