番外編 流星ドライブ(その1)! 長野・新潟  2008年 8月 12日 曇り/晴
 さあ、今年も番外編のクルマ出撃のお話ですがブログにて予告致しました「流星ドライブ」です。12日の夜はペルセウス座流星群を観察するには最適だそうで・・・行きましたよ。桃隊長が決定した行き先は長野県の野辺山高原でした。天気が不安ではありましたが、もう行くしかない訳です。

 朝9時9分(特に意味はありません)出撃、一般道から中央道を目指します。インターは国立府中!この中央道、毎回渋滞なんですね、もう当然のように。取り敢えずは腹ごしらえをしないと小虎は立ちごけします、、、クルマでも。なので、石川PAで食事休憩をば。八王子料金所通過直後から案の定渋滞。相模湖までの間ノロノロでございました。でも、まだラッキーな方ですな。談合坂SAでまた休憩♪ 桃隊長は「談合坂SAでしか売ってない」らしい山本勘助絡みのお土産アイテムを探すもハッキリとしない様子。「まあ、これかな」・・・と思われる品をゲット。先を急いだのであります。

 甲府に到着したところで風景を見渡すも霞みがかかっており南アルプス八ヶ岳もまったく見えず・・・。青空もところどころしか見る事ができない状態。嫌な予感はありましたが小淵沢ICで降りて八ヶ岳道路を走り予定通りの野辺山高原へ! 先ずは野辺山高原散策であります。前日に桃隊長が買っておいたガイドブック情報で記憶にあった「滝沢牧場」へ。桃隊長はモ〜モ〜が大好きなので・・・。もちろん、牛だけではありません。馬、鳥、ヤギ、羊など賑やかでありました。駐車場は関東のナンバーのクルマが多かったですが、ハーレーの一群を発見。ここ、キャンプサイトも併設されているんですね!「しめた・・・!」と小虎は思いましたが、実際に見てみると「ウ〜〜〜〜ン、ちょっと雰囲気が違うかな」と言う事でパス。このキャンプサイトは事前の情報になかったので、見つけた時は嬉しかったんですけどね、利用者1名につき500円と破格でしたし。ちなみに桃隊長が頭にインプットしていたキャンプ場は4名までテント1張り4500円という場所であります。

 さて、滝沢牧場を後にして向かったのは「野辺山駅(JR)」ですな。駅前ロータリーの駐車場にクルマをすんなりと駐車でき、非常にラッキーでした♪ こじんまりとした可愛い駅舎は観光客に人気ですな。ちなみにこの駅はJR路線の最高標高地点にありますな。

 駅舎の隣には観光案内所がありました。そこであれこれ見ておりましたら「ポケット星座図鑑」なるものを発見! 桃隊長は以前から欲しかったものらしく大感激でありました。早速今夜から大活躍でありましょう!でも、何で今まで持ってなかったんでしょうかね、不思議であります。

 そして駅の向い側には美しい公園が・・・「銀河公園」という公園です。もちろん、散策であります。SL(蒸気機関車)が展示されておりました♪ この公園の芝にテントを張れば簡単に星空が・・・と思ってたら「野営禁止」の看板がありました(笑)。

 公園の小高い丘の上にあるベンチで一服♪ 今夜の星空観察地点とビバーク地点を決めねばなりません。一応、野辺山高原の主たる場所を片っ端から見る事に。先ずは南方面であります。一面のキャベツ、レタス畑・・・う〜〜ん、なかなかの景色。適当に走っていたら「五光牧場」の看板を発見。ここは事前に桃隊長がノミネートしてあるオートキャンプ場があります。行ってみましたよ、どんな感じか見に。受付嬢はとても魅力的でありました(小虎の個人的な意見として)・・・なるほど、料金が高くても良いか、と・・・。中もぐるっと見学させてもらいましたが、星空観察にはイマイチかと。でも実に素晴らしいキャンプ場ですよ! 4人で4500円ならね、絶対のお薦めですな。非常にセレブなキャンプ場です〜。

 ところで、空は相変わらずの状態。次の候補は駅の北側ですが、案内所でもらったガイドマップを見ると分譲の別荘地のようであります。クルマを走らせてみると良い雰囲気の山の上。空気が非常においしく深呼吸を何度も致しましたぞ♪ 平地の草の匂いとは違う濃い森の匂いです。でも、肝心のビバーク地は見当たらず撤収することにしました。その帰り道のガイドブックで見つけた「千ケ滝」とやらを見に行くことに。ほんとに小さな看板があるだけで見落としそうな所にあります。駐車場がある点は素晴らしい!細い道を降りて行くと鉄製の階段・・・ちゃんと手が加えられております。しか〜し!!水量が乏しくて「滝」ではありませんでしたぞ。滝好きな我々としては残念に思いました。滝つぼはしっかりと見えましたが・・・・・へへ。

 来た道を戻っておりましたら日本一標高の高い所にある小学校とやらが! ちょうど目印に良い場所なので、次の道を適当に左折。のどかな農道を走っておりますと、前方、道の真ん中に「このぉ〜木なんの木気になる木ぃ〜♪」的な木がっ!! 見た瞬間、小虎はもしやと思いましたぞ。そうです、ガイドブックの中にあったんですよ、「山梨の木」ってのが。こいつだったんですな、偶然の発見でしたが♪ 案内板には春には白い花を咲かせると書いてありました。結構綺麗なんじゃないかと想像したりしますね。

 この、のどかな場所辺りで星空観察を・・・と目論んだ我々は町にあるコープへ買い出しに行ったのですが・・・。

<本日の走行距離 約450km>        


【1日目】目的地は野辺山高原!!
石川PAで朝食。

どうと言う事もないものですけどね、食事は大事です!!
空腹ではイライラしたりしますしね。でも満腹でも眠気が出てしまい
困ったりしますな。

野辺山高原にさくっと到着! 先ずは滝沢牧場で遊ぶ・・・
広い敷地にいろんな施設があります。1日中遊べそうですな♪ ファミリーには最適でしょう。
桃隊長は動物好きです♪ 特に、従順で反抗してこないであろう動物が大好きです♪
触れる動物は取り敢えず触ってみる主義のようです。
牧場内には高原野菜の畑もありますよ。解説付きで分りやすいですね。
観光の中心でしょうか、JR野辺山駅付近を散策することに。

標高1345mとありますが、気温差は東京/横浜辺りとでは10度くらいでした。湿気も少なく爽やかでした♪

駅に隣接する観光案内所です。地味ですがなかなか便利なようです。宿泊に困った人の相談にのってましたよ。その後にちゃんと候補先となる宿に電話連絡してましたし・・・強い味方に違いありません!

何だかいろいろアピールできるものがあるようですね。(↓)

「いかにも」的な駅舎ではありませんか!
女性受けしますね、こういう外観は。

駅の真向かいにある銀河公園も散策♪(↓)
SL展示があったり予科練の碑があったり。そう言えば松本大本営案が実行に移されつつあったんでしたっけ? 太平洋戦争末期に本土決戦を想定した計画ですね。信州は第二の軍事拠点になろうとしていたんですな。

Cですな。「大きな転輪が3つ・・・A,B,CでCね。デゴイチはD51だから大きな転輪が4つあるのよ」なんて講釈をたれながら見学。

小学校6年生の時、友達とカメラを持ってSLを見に行ったのを思い出しました。ちょっとした冒険でもあり旅でもありましたぞ♪

イナバウアーの荒川さんが植樹した桜だそうです。思いきり反ったりして・・・。
空気がおいしい八ヶ岳高原「千ヶ滝」ですが、今回滝らしさはございません。
目立たないのは景観を意識してのことでしょうか。

非常に地味な案内看板です。

「山梨の木」を偶然発見っ! 求めて行くにも大変な場所のように思いますが、ラッキーなことでございます♪
桃隊長・渾身の一枚 桃号を逆光で。雲の切れ間から指す光が幻想的でもありますな♪

【こぼれ話】

「山梨の木」から駅の南側のレタス・キャベツ畑の農道辺りで星空観察をしようかと決めて、買い出しに行った訳です。クルマの側でホルモン焼でも焼いて缶詰やおつまみでク〜ッと一杯やろうという魂胆だったのですね、小虎としては。

コープで購入したモノ以外にも必要なモノがありましたから、近所のセブンイレブンに行ったのですよ。ここで取り敢えずの弁当を買い込み、夕食は万全。暗くなる迄はどっかで時間潰しでもと考えておりましたが、どう〜も天気が。
セブンイレブンの駐車場前で作戦会議。せっかくだから星は見たい・・・では、どこまで行けば見ることができるのか?・・・天気予報では新潟だなぁ・・・行くか?・・・マジで??・・・いいじゃん、日本海見たいし。今18時だから月明りの影響を受けない未明には着くでしょ?・・・ま、途中の高原で様子を見ながら行っても良いし・・・じゃ、弁当食べたら出発だな・・・。

そんな経緯で目的地を変更! 銀河公園の小高い丘のベンチで弁当を食べて再出撃となりました。空気の良い所で食べるコンビニ弁当、なかなか美味しいものです。

目標地点は一応新潟とし、その間に良いポイントを発見出来たらそこでOKです♪
18時過ぎ頃に野辺山駅前を出て、海の口〜佐久と「風林火山」ゆかりの地を通り、小諸、更埴、長野市へ。海の口城趾で立ち寄りたいのはやまやまなんですが、何でも徒歩30分かかる場所にあるとか。さっさと諦めました・・・また次回と言うことにして。

更にクルマを走らせてコンビニ休憩。この辺りで小虎の腰痛が再発。最近たまぁ〜になるんですね、ギックリっぽいの。でも何とか治まるのでそのまま北上続行! 長野市街を抜けた山道(県道)をどんどんのぼった所でぽっかりと空が見えて、初めて明るい星を一つ発見。ホッと安心・・・と言うより大きな喜びであります♪ しばしクルマを停めてサンルーフを全開〜。しかしながらまだ満足のいく空ではないようです。雲もはっきり分かりますし・・。

我々は、さらに北に行けば状態は良くなるだろうと判断し、R18を北上。このまま行けばもう少しで新潟〜♪ ホントに日本海へ出ます。野尻湖を越えて新潟県へ入りました。妙高高原を過ぎて日本海までもう少しという所で道の駅「あらい」に立ち寄りました。そこでしばし作戦会議。妙高辺りから晴れていて満天の空、しかしオレンジ色のハイウェイ灯が明るいために星が見辛い状態。それならばと途中通過した道の駅「しなの」まで引き返すことに。途中で赤倉温泉に立ち寄ってみましたが、ちょうど良さげな道の脇には「熊出没注意」の看板(泣)。当然ながらヘタレの我々は退散。ルート18に戻って道の駅「しなの」に着いてみると、やはりオレンジの光りが・・・(泣)。ビバークするにはもってこいの道の駅ですが、星を見るにはちょっと辛いものがあります。仕方なく長野と新潟の県境付近を行ったり来たりしながら野尻湖へ。もうそろそろ観察にはベストな時間が近づいており焦ります。

野尻湖の湖畔を巡ればどっかで空が見通せる場所があるのではないかと思っていたのですが、そうもうまく行かず途中で小休止。そして空を見上げれば・・・何と!凄く美しい星空ではありませんか! 流れ星ではありませんが星が大きく美しく瞬いておりました♪ もやっと帯も見えますぞ! 「何かあるね?」と桃隊長に話を振ると「天の川だよぉ〜」と。肉眼で天の川を見るのは生まれて初めてのような気がします。なかなか感動的な夜となりました。

しかし、まだまだ満足はできません! 更に走って落ち着いたのは上信越道妙高高原IC側の幅の広い道路。ここ、全くクルマの往来もなく観察には最適です。道の端にクルマを停めて観察開始♪ サンルーフを開けてシートを倒し夜空をしっかりと観察すると・・・おぉ〜〜〜!流れ星ではありませんか!! ついに観察に成功ですよ♪ 小虎は大きいのを5つほど見ることができました。桃隊長は大小合わせて10個以上は観察のようです。個数の違いは起きていた時間の違いなんですな(笑)。小虎はすぐに眠ってしまいましたから。

桃隊長はしばらくの間天体ショーを楽しんでいたようです。