さて、帰路も楽しもう〜♪(塔の沢〜大涌谷〜丹那盆地〜伊東)2007年 10月 23日 曇り/晴れ
 そして2日目の朝、ワクワクのバイキング! でも、その前に朝湯ですよ♪ 大浴場でま〜〜ったりと湯に入ります。
そしていざ出陣! 我々はお腹一杯の朝食を取り、走り出したのです。この朝食のお陰で結局何も食べずに18時の帰宅まで走る事ができたのですな。いやぁ〜、朝しっかり食べると良いのねん♪

 さて、塔の沢から近い大涌谷を目指しました。一の湯にあった観光パンフを見ると富士山の絶景ポイントとなっておりました。ウネウネと山を上って行きますとロープウェイの駅がありましたぞ・・・早雲山駅だそうで。ここでしばし休憩。そして走り出すとすぐに大涌谷に到着ですな。お〜〜〜!!絶景です、確かに。この世とは思えないくらいの風景が広がっているではありませんか!片や綺麗に聳え立つ富士山、背面には硫黄の温泉煙り立ち上る荒涼の山肌。両極端ですな(笑)。ま、そんなこんなで山を下って伊東を目指すことにしました。途中、「大観山」の表示板を見つけて急に寄りたくなり行くことにしました。山道をダラダラと上って見晴らしの良い駐車場(展望台)を発見。しばし休憩。ここもなかなかのポイントです。いろんなサイトでツーリング記事を見ると、結構みなさん立ち寄られるみたいでございます。大観山から下る訳ですが、ターンパイクの最終部分を走って十国峠を抜けておりますと分岐点が・・・さらに進むともっと小さな分岐点が! どっちに行くのか小虎には分かりません〜(笑)。桃隊長任せでありますが、「オラッチェに行こう!」と意味不明な言葉が後部座席から聞こえます。オラッチ?・・・グラッチェ?・・・ケーシー高峰???状態の小虎でありましたが、オラッチェ野菜牧場という牧場があるんですな♪ 丹那盆地という盆地なんですか・・・ほう〜確かに山に四方を囲まれております。すぐにオラッチェ野菜牧場はありました。空いている駐車場に銀次郎を停めて施設の方へ歩いて行きますと、何やら桃隊長が発見! ここからオバカ炸裂状態で狂喜乱舞でございました♪バカ笑いも一段落して施設内へ。入口はお土産や案内なんですな。通過すると裏に動物の小屋がありますぞ! ヤギ、豚、牛、馬、家鴨、別棟にはウサギも揃っているようで。さらにレストランやちょっとしたスナック(?)コーナーもありますな。他に体験できることもあれこれあってイベント山盛り状態のようです。桃隊長はヤギと遊び、ソフトクリームを食べ、お気に入りのお土産をゲットしましたな。さて、伊東へと思っていたら、「断層があるんだよね〜、丹那断層♪」と桃隊長。断層見て面白いのかな?・・・とも思いましたが行くことに! 5分くらいで到着♪ バカにしてましたが大変勉強になりますぞ。分りやすいんですよ、見せ方が。これは秀逸かと。行かないと実感しないかとは思いますけど・・・ね。

 見学が終わり、熱函道路を経由して修善寺の方へ。途中で冷川峠があると聞いておりましたが、迂回コースを選んでいて(分岐で間違えたらしい)なかなかの有料道路へ。暫く走って伊東へ抜けました〜。やはり有料道路だけのことはありますな!楽です。伊東付近は温かく感じましたよ、山の天辺から考えれば。当初の計画では伊東辺りで食事でも、と考えておりましたが一の湯の朝食バイキングのお陰で空腹感ゼロなのでそのまま通過。網代で美味しい干物でも、と考えましたがお目当てのモノがなかったのでちょっと休憩して出発。季節が違うのねん、メザシはさすがに無いか? いやね、河津桜を見に行った時のメザシが忘れられなくて食べたくなったのですよ! ま、仕方ないのでそのまま走っておりましたらやや渋滞。今回は片側通行による渋滞が2〜3箇所ありました。その後は真鶴有料道路新道を走り、オダアツをまた気分よく走り、246を経由して18時に帰宅したのでした〜〜! 

<今回の走行距離 約220km・・・全行程321km  二日目の給油分で21km/L>
         


そして朝っ! 窓の下に川が流れております。この川の音が気になって眠れない・・・とおっしゃる方もいらっしゃるようで。ま、事前にネットでユーザーの評価を見ていたんですけどね。小虎や桃隊長にとっては平気なレベル。土砂降りの時の雨音と同じくらいのもんです。

下の2枚は桃隊長渾身の画像
部屋の演出が気に入ったようでございますな。この辺はちゃんとしてる歴史ある旅館の証しでしょうかね?

建物も調度品なども歴史そのものです。レトロなんですよ〜♪

そして! 怒濤の朝食タイムでございます♪

手前が小虎のセット。
これに追加して、ご飯(当然テンコ盛り)一膳と一の湯豆腐ののおかわで満足〜♪ あ、食後のコーヒーも2杯ね。

桃隊長も似た内容ですが、量は少ないです(笑)。

2日目スタート! 先ずは早雲山駅に立ち寄りました。大涌谷の少し手前ですね。
少し先に進むと見晴らしの良い場所がありました!

何気なく里を見下ろしていると山の上の方に「」の字が見えましたぞ! これはきっと各地にある大文字焼き・・・・・。

そう言えばロープウェイって結構なスピードなんですな! ひっきりなしに発着しておりました。このロープウェイ、観光気分で乗るには最高かも知れません。大涌谷の画像を見てみると分かりますが、富士山に向かってず〜っと進むのですな。もちろん、大涌谷もしっかりと見る事ができるでしょう。

大涌谷に到着〜♪ 絶景でもあり地獄絵図のようでもあり・・・。
大観山へ衝動的に行ってみましたぞ! 達磨山に・・・と言う意見もありましたが中伊豆ツーで行ったので、今回はこっちに決定♪
確かにこの辺りのコースだとツーリングやかっ飛びライダーに人気となるのも分かります。
オラッチェ野菜牧場で本領発揮♪ 桃隊長、暴走す!!
この板を発見しまっしぐらに向かった桃隊長。限り無く牛になりたかったのでしょう。「モーモー」好きだから「桃」と言う説もあります。
トラクターにもいきなり突撃でした。機械ものの発するであろう音は全て「ウイ〜、がちゃ」で済ませます。ロボコップのような感じですな♪
機嫌良く日なたぼっこしていたヤギを突然の不幸が襲います。

そ〜っと忍び寄る桃隊長。恐る恐る手を伸ばしますが、相手に迎撃の姿勢なし、あるいは威嚇行動なしと見ればさっそくお触り攻撃にでます。

角を艶かしく握る桃隊長。心無しかヤギも気持ち良さそうだったりします♪

こうなると次から次へ触りたくなるようですが、そこはそれ、凶暴そう、大きい、怖そうな・・・そんな相手は当然パスします。

へっぴり腰でまたもやヤギにアタックする桃隊長。このポーズが好きらしい。
上の温和そうな若いヤギにはアタックを試みるものの、左のような強そうなヤギにはしかけない。

このヤギは結構でかかったのだ。

全部の動物を見た訳ではないが満足できるのですよ♪

ここの牛乳は味が違うのですな! もう市販のモノとは別モノです。美味しかった〜♪ 桃隊長はソフトクリーム。これ、実に甘味もありましたぞ。 大満足〜♪
桃隊長がやったのを見て大爆笑だったが、小虎もやりたくなったのでありますっ!

やってみると結構面白かった〜♪
さあ、みなさんも!

バカなことした後は真面目にお勉強・・・・・
桃隊長の左右の手の先に断層がはっきり分かる断面があります。
ただのバカポーズではありません。
まあ、盛り沢山の道草だらけのツーリングもいよいよ最終ですな♪

伊東に出て海を見ながら走ります。

下は途中にある網代の港。
干物の直売所の看板を桃隊長が目敏く見つけたのでUターンしてみましたが、昼間での営業だったようです。残念っ!!

でも、鰯はさすがにこの季節は上がらないか・・・。
あれが食べたかったんだけどなぁ〜〜。
また次回と言う事にしよう!

道沿いに干物屋さんが並んでます。

この先にも小田原まではありますな♪
さすがの平日、車の量は少なく快適に走れます・・・工事さえなければですが。

真鶴有料道路新道の料金所を出た所。
前回もここでトイレ休憩を取りました。

一般道から真鶴有料道路旧道と、この真鶴有料道路新道に分かれてまして結局3本の中から選択することになります。

一般道は最初の頃逆コースで走りましたが道幅の狭いウネウネ道路で舗装も荒れていたので疲れて通る帰路ではこの有料道路の新道を使ってます。でも、旧道の方は走ってませんな。料金が違う設定になっておりましたぞ。一度走ってみたいと思いますが。


【今回のゲット!】
オラッチェ野菜牧場では愛嬌があるんだか何だか微妙な顔立ちの豚のぬいぐるみとモーモーちゃんストラップを購入。ストラップは即決でしたが豚の方は随分と考えていた様子であります。

下の左は小虎の何となくジジ臭いゲット品。とは言えどちらも重宝しそうです。楊子入れ・・・例えばマックだと困るでしょ? 以前、ホットコーヒーに付いて来るプラスチックのマドラーみたいなんをライターで炙って(プラモデル改造の時によく使う手)ランナー伸ばしの技でプラ楊子を作り桃隊長に絶賛されたことがありますが。

箱根神社のお守りは素晴らしいですよ!印篭の形で中を開けると何分銀(昔の通貨)みたいな形のミニサイズのお守りが入ってますな。これ、良いです♪ 水戸黄門にもなれるし!

今回集まったパンフレットの数々。結構マップはお役立ちアイテムに!

【こぼれ話】

一の湯から道に出る時、玄関前にクルマが停まってたので少々段差のある場所から出ましたが、ガリリッと車低を擦る音とともに軽くジャンプしました〜(笑)。みなさん気をつけて下さい!

大観山の見晴らしポイントでは老夫婦、中年カップル(夫婦?)の皆さんがいましたが、老夫婦は富士をバックに愛妻を撮影したかったらしく、富士を眺める桃隊長がどくまでカメラを構えたままで待ってました。中年カップルの方は全員駐車場に移動したところで女性が「わぁ〜、富士山ひとりじめ〜〜?」と絶叫。我々は思いきり引いてしまい早々に撤収したのでありました。恐ろしいものを見たような・・・。

オラッチェ野菜牧場はもっと時間をかけても後悔しないでしょう。レストランで食事でもしてね、良い感じなはず。もちろん、入口の顔出しの記念撮影ボードではいろんなパターンで撮影するのが宜しいかと思います〜♪ 今後は各地でチャレンジしたいですな!

今回のツーリング、小虎は帰宅時刻を18時と考えておりました。(2〜3日前のコース案メモに記載)それを当日の最後の方で思い出しましたぞ! 何となくそれくらいの時間になりそうだったので桃隊長に自慢。すると銀次郎のエンジンを切った時間が18時でしたぁーーー!! 素晴らしい〜♪ 銀次郎の走行距離は9700kmを超えました。もうすぐ10000kmです。

さて、このページをアップするのが27日の土曜日深夜でしょうか。翌28日は「稲妻祭」(お台場)ですな! さ、天気はどうなんでしょう?