クルマで出撃 ブルスカ♪       2007年 6月 9日 曇り/雨(時々豪雨)
 事前の天気予報で覚悟はしておりました。いや、雨に濡れて銀次郎で行くということではなくクルマでの出撃ですよ(泣)。行きたい気持ちは山々なれど、昨年の帰路の事もありますので、クルマ(桃号)にしたのです。朝8時前には出発し東名高速を利用、あっと言う間に大井松田へ。下道(246号)も空いておりまして、さくっと会場に到着でございます。道中、もっと多くのハーレーに出会うかと思いきや、数台にとどまりましたな・・・。やはり天気を考慮してクルマでの参加が多いのかと。ゲートもすんなり。目指すはキャンプスペース1と明記されている場所でございました。ここが会場に一番近いフリー参加者のためのキャンプスペースなんですな。ところが!クルマを入れてビックリ!!もう既にロープで場所取りですよ・・・あらららら。仕方なく向かいのスペースを求めてP15ゾーンへ。ここもクルマを並べてロープを張っての場所取り。何でこんなに場所取りが好きなんでしょうねぇ〜(苦笑)。困っている先着ライダーもおりましたぞ。

 ま、そんなこんなでアタフタしたものの無事に空いたスペースにで〜んとテントを設営致しました。ちょっと意地悪だとは思いましたが、ほんの少しの空きスペースのど真ん中に決めたのです。とは言え、その後に小さなテントが並んで立ちましたから、ま、問題はないのですが。

 その頃からが強くなり出したので、先ずは宴会ということに致しました♪ そしてアルコールが入った小虎は恒例の昼寝。ずっとテントにいるのも何ですし、メイン会場に足を運ぶ事にしましたよ! しかしながら雨も強くスタントも無理だろうと思っていたら、開演のアナウンス。小躍りしながら会場に向かうと既に人の山(泣)。でもね、今年は見る事ができ満足したのです。(この後も観る事になるんですけど)

 その後はブースをぐるっとこれも恒例の物色ですな♪ 桃隊長は何故かテンガロンハットを探していたようです。お気に入りを探し当ててゲット致しましたぞ。そして!カドヤのブース前でシングルハンガーに並べられた革ベストを発見! お安いではありませんかー!! これ、欲しかったアイテムなんですな。試着してゲット致しました。その後、桃隊長もゲット〜♪♪ もう、大満足なんであります。

 スタンドで焼きそばなんぞを食し、午後の部へ本格的に突入〜。お馴染みのカントリーミュージック&ダンス、その他の展示などを見ておりましたら、午後のスタント開始。また足を運びましたよ♪ これ、ホントに面白いんですな。その後もグルグルした後で一旦テントに戻り、再び宴会でございます〜♪ 夜になっても雨足が強く、今度こそ夜のイベントは中止だろうとタカをくくっておりの〜んびりと過ごしておりました。

 しか〜し!ドンド〜ンと景気の良い花火の打ち上がる音。ん?と思ってたら何やら妙な音楽・・・・・。テントの外に出てみるとイルミネーション派手派手のトラックが道路に停車中。驚いて撮影してましたらハーレー軍団も到着して待機。これは・・・パレードを行うのですよ。桃隊長と急いでシャトルバスの停留所へ。そのままメインスタンドでまったり〜♪ しばらくしてイルミネーション軍団登場。さらには世界初の夜間スタントショーも実施とのこと! いやいや〜、夜も堪能ですよ。花火もしっかり上がってましたしね。結局、最後までメイン会場にいたのでした。んで、また小宴会・・・・・スマン!

<今回の走行距離 往復約180km>
         


P15エリアに無事テント設営完了!
もうねぇ〜、慢性的に眠いんですよ・・・。
アルコールが入ると覿面ですな。

そんでもって撮影されちゃうんですよ、桃隊長に。

今回のブルスカ用Tシャツですが、ちゃんとネームが入ってるでしょ? 小虎には「小虎隊員」桃隊長には「桃隊長」と。

これも前日の夜にドタバタのです(泣)。
話せば長くなるので割愛ね。

我々がテントを張った場所はこんな感じの場所です。

近くにハーレーが見えますな。大阪、なにわ、沼津、山梨、長野といったナンバーが並んでおりましたぞ!

この頃には雨模様となってまして、直後にはも・・・。
続々と到着するハーレーの音が聞こえてましたが、道中大変だったろうと思います。

そして、雨の中、どうせイベントはほとんどが中止だろうと思いながらメイン会場へ向かったのであります
チャプターごとにオリジナルのフラッグで勝負するチャプター・フラッグ・コンテストの応募フラッグを展示してあるスペースですな。ま、我々はチャプターに属していないので眺める程度ではありますが。
会場をうろついてますと、スタント開演のアナウンス。急いで会場へ! 先ずはメキシカン・ポリスのスタントでした〜♪
この人達の動きはなんとなくユーモラスなんですよ。力づくでやっちゃうみたいな所があって。

でも信じられないような事を普通っぽくやってしまうのが凄いんですな。拍手するのを忘れて見入ってしまいますよ!

何もそこまですることはないだろうってくらいやってくれます。
体力もバランスも勿論バイクの運転技術もあるんでしょうが、まあ、何と言うか変な事をやってる訳です。

昨年は見ることが出来ませんでしたからとても嬉しかったです〜。

しかし、ハーレーがそんなにでかく見えない所が素晴らしい。

桃隊長は指揮を執る隊長さんを見て「サーカスの猛獣使いみたい」と。

メキシカン・ポリスの後にはまたまた強烈なグレイグ・ジョーンズ一味が控えておりましたぞ!! こっちもね、笑うしかないんです。
上の2枚は恒例の置きピン撮影ですな。だから被写体が速いほどぶれます(笑)。何しろ速いんですよ、こいつらは。こんな時にデジタル一眼が欲しいと思うのです〜〜(泣)。
呆れるほどのスピードですから、団体戦且つ低速スタントのメキシカン・ポリスとは対照的であります。

ポリス達も大興奮の模様。ビデオやらデジカメやらで撮影中〜。

爆音とタイヤの焦げる匂い、白煙でございます。

もう何か凄いのですよ、展開の早さが。右から左からぶっ飛ばして行くし、リアのタイヤが上がってたりフロントのタイヤが上がってたり何なんだと思いますよ、多分。

そう言えば、感動のストッピー(ジャックナイフ状態で走る・・・前輪だけで走る)画像がありませんでしたぁ〜〜〜(泣)

スタントを堪能して、へらへらしながらメイン会場へ戻りました〜。お!HOGのスペースに行って記念ワッペンをゲットしないと!
今までの催しで気が付かなかっただけかも知れませんが、こんなHOGの黒いバルーンありましたっけ? 妙に新鮮であります。

しかし随分と目つきの悪い白頭鷲だと・・・・・いや、目が鋭いと言った方が宜しいか。

HOGのチャリティーコーナーで飲み物を頂き、また会場内をうろうろ・・・。桃隊長は念願のテンガロンハットをゲット致しました!
今年もチャーリー永谷さんのカントリーミュージック&ダンスですな!

今年はダンスのレッスンからスタートでございました〜。

よく見ると白っぽいテンガロンの皆さんはチャーリーさんのファンクラブか何かでありましょうか。皆さん踊れます。
レッスンも必要ない皆さんなので、「仕込み」みたいでした〜。
(そんな風に見えたということですぞ)

そして、午後のスタントの時間が・・・!今度は路面も上々の様子。
ズドドドド〜〜ン、ブボンボンボンと一列でやって来て、V字に整列。

この辺りはさすがに現職のポリスであります。見事!!要所できっちり揃えた動きは見ていて気持ち良いのですな。

隊長の号令のもと、一斉に敬礼。ん〜〜カッコイイですぞ!
男でも惚れますな〜〜♪

そして散って行き、個人の自由演技へ。

そして、団体演技に戻ります。また、モサモサと集散を繰り返し、どんどん積み上がって行くのです〜〜♪
そして、メイン会場へ・・・・・(笑)。 お!!ラジカルペイントのあのタンクを発見っ!!(Sの森で見たカラーです)
存分にイベントを味わってテントに戻り、宴会〜〜♪
この頃にはまた降雨

もう、夜間のイベントは中止だろうと。
しっかりと飲み食いを始めた我々でした・・・・・。

飲んで食べてマタ〜〜リしていると何やら外で妙な気配。
ドンチャカドンチャカ音楽が聞こえて来ますぞ。

何気なく外を見てみると・・・・・

そこにはトラックとハーレーのイルミネーション軍団がっ!! まるで「川越夜襲」のようでもありますな(笑)。
花火もドンパンドンパンやっているので、いざ鎌倉!とばかりにおっとり刀でメイン会場へ!! (何か時代劇風な表現になって参りましたが)
おぉ〜〜〜!!メインスタンドの正面に上がる花火の美しさ。
素晴らしいですぞ!! 次から次へ頑張って飛んで行きます。
ここで、世界初と銘打った「スタント」(またかよ)が行われました。もう、無いだろうと思っておりましたが、やってしまいました。

夜間よりも雨中の方が怖いんじゃないかと思いましたが、合わせ技ですわな。画像はありませんが、十分に楽しめる内容でした。

朝、午後と既に2回のスタントを見ておりますから、やや食傷気味ではあるんですが、それでも身を乗り出して見てしまうのが不思議なものです〜(笑)。

そしてスタントも花火もイルミネーションも終了し、テントへ戻ったのであります。


【こぼれ話】

朝、それほど遅い出発ではなかったのですが「東名で行こうよ」と桃隊長。ま、早い到着の方が良いに決まっているのでその通りに。いやぁ〜、早く着いて良かったですよ! 雨も場所もね。勿論、念願のスタントも1回目から見る事が出来ましたし。しかし、あんまり欲張りな場所取りはやめてもらいたいですなぁ〜〜。本来のキャンプスペース1なんて広々空いているかと思ったらロープですよ。そこまでしたいかね? それで向かったP15エリア、ここでも同じ事が・・・・・。ブチギレそうになりました〜〜♪ 

往路、ほとんどハーレーを見ずに富士スピードウェイに到着。何か寂しいもんですな。来ているハーレーは高年式でディーラーカスタムの雰囲気のものがほとんどでした。やはり旧車などでは・・・・・無理なんでしょうね。

スタント、いずれも素晴らしかったですな♪ 満足です。しかし、今年は思い切って屋外イベントも実施してましたね。昨年の事もあるんでしょうか。いやいや、それにしても楽しめましたぞ!