ご無沙汰! アメリカン・ワールド・フェスタ♪   2007年 5月 20日 晴れ
 今週は2年ぶりのH-Dジャパン主催の「アメリカン・ワールド・フェスタ」に行って来ました。思い起こせば2年前、この味の素スタジアムに原付バイクで来て、初めてハーレーに乗ったのでした。桃隊長は電車で来て合流。いや、懐かしい〜♪

 さて、朝の9時には出発して10時に到着・・・と予定してましたが、9時半出発の11時到着(泣)。甲州街道が混んでいたのは想定外。ま、仕方ないですな。スタジアムの駐車場に今回は銀次郎を入れられるか!?・・・と思いましたが、残念ながら場外の道を挟んだ向い側の駐車場でございました〜。入口で受付を行い、記念品を頂き入場。記念品は二者択一の小判ウエットタオル(H-Dのロゴ入り)かステッカーシート。朝から天気が良かったので、ついつい2人ともウエットタオルを選びました。今から考えれば1つはステッカーでも良かったか・・・と。ま、実用性から言えばねぇ〜!(ということで納得)

 今回も試乗をしようと思いまして、試乗の受付を済ませてみれば・・・またもや試乗希望者のテントには大勢の人達が・・・。覚悟しましたぞ、これは1時間以上待つのだな、と(泣)。各車種ともだいたい似たような長さの待機者。桃隊長の「ねぇ、1200のローって乗ってないよね?どんなだか乗ってみたい〜♪」との意見を採用! 今まで無視してきたXL1200Lのベンチの列に加わりました。暑いし時間はかかるし・・・でも仕方ないのねん。ディーラー主催の大規模試乗会だから。

 順番が回ってきて説明を聞き、隊列を組んでの試乗スタート! XL1200L・・・侮れないですっ!!! エンジンはブルブルでトルクありのパワーありですぞ! 意外でしたなぁ〜、これ良いですよ! 最も乗り易いハーレーかも知れません。我々がこの車種を検討しなかったのは、タンクの形が気に入らない・・・これが最大の理由でした。平べったいのねん。それとハーレーのラインナップの中にあって中途半端な排気量だと思ったことですな。しかし、883Lに乗ってみて、スポーツスターの存在というか位置付けのようなものを考えると、この1200は結構重要な位置にあるのではないか・・・と思えます。ビッグツインはイヤだけどハーレーに乗りたいとか、軽快なバイクでパワーも欲しいとか、街乗りからロングツーリングまでを幅広くカバー、なんて事を全部オッケーにしてくれる車種でしょうぞ。別にローでなくても良いのですよ。スポーツスターの1200って事です。堪能するには時間も距離も足りませんが、「良いバイクだなぁ〜」と感じるには十分でした。桃隊長もタンデムで、その違い(銀次郎との違いね)を体感したようです。

 さて!その後は桃隊長のソロ試乗でございます〜!! 公道らしい公道は初めてなので緊張したようですぞ。順番待ちの間も運転操作やコースの事を頭のなかで反復したようで・・・(笑)。最初は1200Lかな?と思ったのですが、きっとパワーを感じて883Lに変更したのでしょう。ま、銀次郎も883ですからね、良いと思いました。いきなり1200だとちょっと驚くかも知れませんから。(とは言え、教習所を使った試乗会ではビッグツインも乗ってますが)

 桃隊長の試乗が終了した頃には待ちくたびれた小虎はヘロヘロ気味でした。ぐるっと場内を見て帰路に・・・・・。と思いましたが、どうせ甲州街道も246も渋滞だろうと考え、Sの森(H-Dディーラー)へ寄る事にしました♪ 道は裏道で。小平やら小金井やらを狭い道を抜けて立川へ。昭和記念公園を横目で見て昭島へ。ディーラーではちょっと時間オーバーの滞在となり急いで帰宅することに。そうです!NHKの大河ドラマ「風林火山」が始まってしまいます。BSの方ね。もう総合の時間には間に合いません(泣)。

 とは言っても空腹。小虎の場合、立ちごけの危険もある訳です。途中、どっかに寄って食べるか否か随分悩みましたが道路の混み具合で決めようとなりました。スポスタ走りでブイブイ走って「お!何か食べることできるね、この調子なら♪」と桃隊長の承認が出ました。なので、できるだけ時間が読めるように家の近所で食べようと決めて・・・・・ん?どっかあったっけ?? ちょうど寒くなってるしラーメンが良いかと。「じゃ、入った事のないあの辺(うろ覚え)のラーメン屋さんに入ろうよ♪」と言う事で「和三房」というラーメン屋さんに。

 満腹になって帰宅。銀次郎を駐車してテレビを見れば・・・すぐに始まったというタイミングでございました〜〜♪

<今回の走行距離 約97km 給油なし>
         


【来たぜっ!味の素スタジアム!】
前回よりも賑やかですかな? 構成はほとんど変わってないと思いますが、何か盛り上がっているようにも感じます。
スタジアムの通路から見た試乗会のテント方面。フェンスの向こうは調布の飛行場です。時々、小型のプロペラ機が離発着したりしますぞ。
今回はスポーツスターのスペースが広かったのか、自分達が乗っているから贔屓目に見たのか、力を入れているようにも感じました。
スタジアムの通路にはウエアとグッズのブースが並びます。今回はディーラーのスタッフも多かったんじゃないかな?あらゆる所にオレンジ色のシャツが見えました。この催しにはハーレーオーナーも多いのですが、そうでない人も多いのですよ。
ドライブベルト駆動ですから、一応安全性を訴求してますね。安全性というよりも耐久性かな。ベルトを細くカットしたものでウルトラを下げてます。
ふむ、納得! 原付のドライブベルトとは違うって事みたいですな(笑)。右はドラッグ用のV-RODね。最近はどのイベントにも顔を出してます。
上の画像は、桃隊長が試乗の順番待ちをしている間に、小虎がブラブラと会場内を歩いて撮影したものであります。

この間、1時間半〜2時間でしょうか。

最初に1200Lにタンデムで試乗した時は、甲州街道も空いておりましたが、桃隊長のソロ試乗(883L)の時には渋滞しておりました。

通常でも1人の試乗に要する時間は10分程度ですが、渋滞が加わると15〜20分になってしまいます。

待っている間・・・・・桃隊長は過去を振り返り、あるいは頭にためた知識を復習し、はたまた試乗する人達を観察し、と落ち着かない時間を過ごしたのであります。

そして、ついに桃隊長の順番がやって来ました!

まあ、暫く乗っていないとは言え大丈夫でしょう。

あまり不安はなかったんですが、エンストくらいはあるやも知れません。どうせならこのサイトのネタになるような失敗であって欲しいと余裕をかまして小虎は見送ったのであります。

桃隊長は意外にも心臓バクバク状態だったらしいです〜♪

毎回そうですが、初心者(初めての人)を対象とした説明の丁寧さでありますから、時間が掛かります。桃隊長は「慣れている人」として扱われたため、最低限の説明で済んだようですね。

最初の試乗(タンデム)の時はアンケート・シートの確認で「あ、ハーレーお持ちですね」と言うことでほとんど説明なし(笑)。

でも、その分色んな話ができましたね、係の方と。埼玉のディーラーの方との事でしたが。暑い中、お疲れさまですな、スタッフの方々。

お!桃隊長が跨がりましたぞ!! 急いで第2撮影ポイントへ小虎は移動であります〜〜♪

スタートに時間が掛かるため・・・小虎は事前にチェックしていた撮影ポイントに移動できるのですな! 

スタートのアナウンスが聞こえない場所だったので先導のバイクによって、桃隊長のグループが来る事が分ります。ラッキーな事に、桃隊長のグループでは883Lが最後尾スタート。余裕ですな。

ん!ひゅ〜〜んと駆け抜けて行きました。
軽く走っているではないですか!
やっぱり全然問題ないですな〜♪

そして小虎は第3ポイントへ移動。
ここは終了地点です。味の素スタジアム敷地内から甲州街道へ出て少し新宿方面に走ります。ここは直線で安心して走れる所ですな。それから敷地に沿って左折してスタジアムに戻って来ます。

さて、敷地内に入るとこんな風にスタッフがお迎えですな!
1台1台、1人1人に接します。ちなみにスタンドも出してくれるのねん♪ ま、このサービスが良いかどうかは抜きにして、初めての人はスタンド出せないでしょ? 時にスポーツスターは。。。

そうこうしていると・・・・・桃隊長のグループのお帰りです!!

おお!無事に走って来ました。ついにドラマは生まれませんでした。

桃隊長の帰還寸前にビデオ撮影隊のクルーが目の前をウロチョロして厄介でsございました。
しかし、桃隊長の勇姿は何とか無事に撮影できましたな♪

バイクを降りて表現不可能な表情で歩いて来た桃隊長。
今回は今までに見た事のない表情の桃隊長が多かったですな。

本人も唖然としておりましたぞ、画像見て・・・・・。。。
ん〜これがドラマかも。

これね、ホントにお薦めします。883に乗っている我々から見ても非常によく出来ている車種と言えますな。

2人乗りしてて883と大きく違う点は・・スタート時スムースさからシフトアップのスムースさ、加速の良さ、コーナーからの立ち上がり時の安定感、全部楽です。

コーナー通過の際に、銀次郎を寝かせると立ち上がりのパワーがなくてこっちが体を使って起こす(イメージね)事が多いのです。それとインジェクションの扱い易さも加わってますな、完全に。

キャブの場合スロットルを回しても、タイムラグをもってエンジンが吹け上がって行く感じなんですが、インジェクションにはそれが無いですよ。非常にイージー&セーフティーですな。

峠道も楽しいでしょう、きっと!!

恒例の跨がりタ〜〜イム!! 今回はほぼこいつ。他には跨がってないなぁ〜。某ディーラーのカスタム出展車両。これはね、最高!!1等賞です。
ベースは2007年モデルのソフテイル・カスタム。「ソフカス」って言われてますね、よく。熱帯魚のディスカスみたいですな♪
低い、綺麗・・・ただ、そのままでも素晴らしい車種なんですけど、カスタムのベースにもなってますね。多かったです、ソフカス・カスタム♪
そして、会場内では恒例のウエスタンのステージと恒例の全員参加できるダンスのお時間。また来月、富士のブルースカイヘブンでも見る事になりますな。 桃隊長の物色タイムも恒例となりました〜♪
そして初めての「和三房」へ。
和三房宮前店に寄りましたぞ。とんこつ醤油のチャーシュー麺を注文。最初、ん?って感じでしたが、まずまずですな! 濃厚そうに見えるけど実はさっぱりしてるためクセになる味だとか。いや、結構濃いと思うよ、小虎は。スープ自体はまあ美味しいと思いますが、太いちぢれ麺はあれで良いのか?と疑問。チャーシューを最初見た時は、ロースハムがのっかってるように見えましたが、はしでぼろっと崩れるほど煮込んであるのねん♪ なんか不思議な感じ。。。餃子は特にどうと言う事はなし。全体を表すれば不思議な感じと。

横浜にある家系に近いように思いますが、これは横浜ラーメンってくくりで良いのでしょうかね?「家系」は家系って書いてあるしね。でも特徴からはそれ系だわね。いやいや、ここの不思議さはきっと豊富なメニューにあるのでしょう! とんこつ醤油、とんこつ塩、辛味噌、支那そば・・・・とスープの違いがあるもんね。○○味に特化した・・・と言うお店ではないのですよ。次回には支那そば系を狙います。
あ、ボリュームはあると思いますぞ。


【こぼれ話】

今回は大失敗を・・・カメラのフィルターを忘れてしまいましたぁ〜(泣)。一昨年のアメリカン・ワールド・フェスタの時にもそうでした。何故か忘れるアメリカン・ワールド・フェスタ。そのため、画像が見辛くなっております。修正にも限界があるんだもんね・・・。

桃隊長の試乗は大成功でしたな! やっぱり大丈夫でしょう。

会場の中に何台かあったソフカスのカスタム、(ソフカスカスか?)車高を下げてハンドルを一文字っぽいものにして・・・ん?デュースみたいな味付けにしてあるじゃん!・・・とは思いますが、ボブフェンダーがね、象徴だわな。しかし、デュースのロングタンクは捨て難いでしょうに。なんだか交錯しますな。ソフカスをカスタムしてデュースっぽくするのか、デュースをカスタムしてソフカスカスみたくするのか。でも、この傾向がきっと新しいんでしょうかね? ライザーでハンドル位置をアップして一文字風。もともとハンドルがエイプ風のソフカスならば構造変更なしであの技が可能だとか、何かメリットがあるんでしょうね。だってオリジナル(H-Dでは「ストック」と言いますが)のままでもすんごく良いバイクなんだもんね、ソフカス。

帰りに寄ったSの森のオリジナルカスタムの展示車、すんごく良いですぞっ!!カタログにはないラジカルペイント、これ最高です。ひょっとしたら携帯画像がブログにアップされるかも(・・・・・桃隊長、宜しくお願い致します)。あ、車種はソフカスね。ここもやはりソフカスカス。。。

H-Dの正規ディーラーのスタッフの皆さんでも我々の質問に対するお答えが様々なケースがあります。やはり車種の多さとカスタムパーツの多さなんでしょうか、ま、覚え切る事は不可能でしょうが。例えば・・・2007年モデルのXL883Lの場合、06のリアショックを07に装着できるか?、フロントとリアの高さが06と07では違う?、とか、シートの互換性はあるの?とか、結構ご存知のようでそうでもなかったりしますな。今、我々が考えている事は銀次郎を日本一低い883Lにする事ですから、結構突っ込むわけです(笑)。

08モデルの登場ももう少し。今度はどう変化しますかね? すご〜〜く楽しみですな。

おっと! 来週はH-D主催のイベントが続きますな。幕張メッセでのグランマルシェです。一応、出陣の予定でおりますぞ!