いざ、甲斐の国へ(後編)!   2007年 5月 13日 曇り/晴れ
 さて、御坂道を下って来ると甲府の街もあと僅か。長い下り坂をほとんどスロットルを開けずに走りました。結構な速度で滑るように走れて、なかなか痛快でしたぞ♪ これが影響したのか、2回目の給油時点での燃費は驚異の24.8km/リッターでした!

 先ほどの天下茶屋からは道がホントに良いです。峠も天下茶屋を境にしてきれいに舗装されておりますし、合流したバイパスも広くきれいな新しい道です。そのまま甲州街道のバイパスを左折し、またもやクルマの流れにのって走ります。途中から「山梨県立博物館」の案内看板も登場し、おおよその方は迷わずに行ける事でしょう。甲州街道バイパスからすぐの場所に博物館はありました♪

 博物館の敷地内に入ると、広々と静寂に包まれたとでも言いましょうか、静かなんですね。高い施設も周囲になく贅沢な土地の使い方です。ホントのお金持ちは広大な敷地に平屋の家を建てると言いますからな。駐車場、駐輪場も当然完備されております〜。銀次郎は屋根付きの駐輪場で休憩タイム。我々は施設へと向かいました。メインの建物は簡素に見えますが、上品ですぞ。目を引くのは特別展のノボリや告知幕の数々。
嫌が上でも気分は盛り上がります〜♪ 「風林火山じゃ〜〜!!」と博物館に突入です。常設展は今回パスし、特別展の方だけ見る事にしました。これを見たお陰で、今後のNHK大河ドラマ「風林火山」がもっと楽しくなる訳です。お土産を買い求めて博物館を後にしました。

 本来の目的は達成できた訳であります。峠を二つ越えて甲府に入り、博物館で「風林火山」展を見る。ん?もう少し足を伸ばしましょうかね。
甲府駅前でも風林火山の関連イベントがあるそうで、それを桃隊長はしっかりとおさえておりました。何でも駅の前と・・。取り敢えずは甲府駅を目指しました。風林火山のはしご状態であります! しかし、ここはサラッと流しまして、腹ごしらえを・・・・・。

 朝からサンドイッチだけですから、そろそろ立ちごけの危険があります。駅前を歩いてみましたがこれと言う所もなく、小作なる居酒屋へ。ま、居酒屋と言っても昼間は食事もありまして、老若男女、地元の人も観光客も利用しております。我々はお薦めの「風林セット」を注文致しました。お値打ちで内容もちょうど良い感じです♪ 大満足して外へ。

 さっきの風林火山展を見た後、目の前の交差点に「武田神社」と案内板があり、近い事が判明。そのままレッツゴーであります! もう、勢いが止まらず武田神社へ侵攻です。ちょろちょろっと走れば10分ほどで到着。ここでもバイクは駐輪場を案内されて宝物殿の前まで行けました。喜んでいたのですが、実は正面入口からは少し離れておりました(泣)。なので、徒歩で戻ってあちこち撮影なんぞして本殿へ。ここにもノボリです。もう、風林火山一色状態となっておりました。少しのんびりして帰路につく事と致しました。

 甲州街道バイパスまで市街を抜けるのは時間が掛かりそうだったので、途中の適当な道を左折して街を外れてから甲州街道バイパスに戻る事にしました。途中の道・・・・・ちょうど「6と書いてあり山の手通り」と。おお〜!環状6号線のような道があるではないですか!! こいつを走る事にしました♪ この道を10分ほど走ると「善光寺」の文字。こ、これは!!博物館で勉強した「甲斐善光寺」の事ではありませんか!?そのまま案内通りにまたもや寄り道〜♪ 正式には現在「甲州善光寺」となっているようですな。さすがに先ほど善光寺の建立のいきさつも知ったばかり。興味津々で拝観。感慨深く見て回りました。そして15時15分、善光寺を後に今度こそ帰路に。

 ここから予定通りに甲州街道バイパス、甲州街道を通り、先々週に走った大月からの帰宅コースです♪ ずっと順調に(246の一時的な渋滞はありましたが、それも思ったほどではなく)無事帰宅したのでありました♪ 帰着は19時15分であります。

<今回の走行距離 約293km 1回目の給油で17km、2回目では25km・・・下りの多さか?>
         


【後編・・・天下茶屋〜帰宅】
長い下り坂と気持ち良いほどの道を走り、到着しました〜! 桃隊長が来たくて仕方なかった山梨県立博物館でございます♪
当然と言えば当然ですが、「風林火山」一色になっておりますぞ! しかし、人はまばらで最高です。GW中にピークがあったのでしょうかね?
ならばラッキーです。桃隊長の後ろ姿もいつにも増して感慨深げではありませんか!
さらに甲府駅前に・・・・・「風林火山博」なるイベントがっ!
甲府駅前のメインストリートに面した会場・山梨県民プラザ特設会場にて、堂々の開催でございます。

こっちはテレビ寄りの催しなんですな。体験型の催しとなっております。
博物館での展示でお腹一杯だったのでこちらでは特産品などを見て回り、そのまま食事へ。

しかし打ち出しがかなり強烈で目を引くイベントですな。
駅前の一等地でもありますしね。甲斐の国を挙げての風林火山・・・恐るべし。

食事を・・・と、駅前を散策しましたが、結局は一度店の前を素通りした「小作」という店に入りました。

この風林セット、そばが美味しかったですぞ♪ ねぎとろもなかなか。非常にお値打ち感のある800円でした。これ、お薦め致しますぞ。

そうそう、ボリュームも十分でありました〜。


この後、銀次郎に乗る前の準備の時、桃隊長がヘルメットを被りシールドを上げて横向いている姿を見て、ギャオスよりもガッチャマンだな・・・・と小虎は思ったのです。
なので、ここからはガッチャマンのような桃隊長なのです♪

腹ごしらえが済めばまた出陣でござる! 案外近い「武田神社」へ〜!
武田神社・・・躑躅ケ崎館跡に建立された神社なんですな!!
信玄公がご祭神とあり、勝負に勝つ・勝ち運に御利益があると。

ここもノボリの嵐となっております。
しかし、ここが本家のようなもんですわな。

テレビでもしょっちゅう出て来る躑躅ケ崎館ですぞ、何だか嬉しくなります♪

由緒所以のような事を事細かく説明してくれる案内版があります。
風林火山、武田一色の神社の境内の中に、何故か・・・・・でかいキティちゃんを発見!! 桃隊長、ご満悦の図でございます〜♪
帰路についたその途中、「善光寺」を発見!!
いやぁ〜楽しかった♪と完全に帰宅モードになっていた我々ですが、道の案内板で「善光寺」とあるのを発見してしまい、寄り道であります。

信州の善光寺との関係・・・面白いですな!
へぇ〜っと驚きましたが、この境内の説明では当然武田側の立場から解説されております。

これ、信州の善光寺にはどんな解説が書かれているのでしょうか・・・・・行ってみたくなりますな。


無事に帰宅! エンジンを冷ます間に・・・。吸盤付きの御旗で遊んでみました〜♪
ま、軽い気持ちで遊んでますが、来月の富士ブルースカイヘブンにはどれで行こうか、と。
ちなみにフロントフェンダーも候補位置でありますが・・・。
甲斐の国よりの戦利品
御旗3本(正確には孫子の旗2本と家紋1本)
うち1本は吸盤仕様ですぞ! 少し手を加えれば銀次郎にもヘルメットにも装着できそうな感じです。

武田神社の「勝守」。ふっふっ、もう負けない・・・かも。

絵葉書は山梨県立博物館で旗を2本買ったらおまけでくれたものですぞ。

山梨県民情報プラザでゲットした山本勘助キティ。
当然の限定品でございます。

こうして並べると紺色ばっかりですな〜。

【後編のこぼれ話】

さて、予定では山梨県立博物館まででオッケーだったのですが、11時には到着し、ゆっくりと中を見ていたのですが12時40分位には出発できるタイミングだったので、「行ける所まで根性」が・・・。しかし、甲府市街まで近く、またその近くに見所が点在していたため、思いのほか楽しめるツーリングとなった訳です。

善光寺・・・我々が昨年のGWに信州・松本までツーリングした際にちらっと名前が挙がった観光スポットですな。信州の善光寺と甲斐の善光寺、面白い因縁ストーリーがあったんですなぁ〜〜。

それにしても「川中島の合戦」、これも興味深いです。もう昔の戦ではありますがこの場所も訪れることになりましょう。
大河ドラマではまだ上杉謙信が登場してませんが、今後はさらに興味を増す事になりますな!

桃隊長のフリフリ・フリンジジャケットがギャオスに見えたりガッチャマンに見えたりします。桃隊長は帰宅後にネットでチェック。
さすがにギャオスの画像には複雑な表情を。しか〜し、ガッチャマンはいたくお気に入りのようでありました。これからはガッチャマン仕様のジャケットと呼ぶ事になるでしょう!

来月は富士です!ブルースカイヘブン。今年も一泊で行きたいです〜。しかし、元々の銀次郎購入店である六角橋、T君のいるU、そして元六角橋店長のKさんの移籍先であるSの森と、我々を取り巻くディーラーも三つ巴の様相を呈して来ましたな。

来月はまだ先の事として、今週末は味の素スタジアムではないですか!! アメリカン・ワールド・フェスタ。昨年は行ってないんだなぁ〜、これが。行きたい気もするし・・・どっかに走りに行くのも良いし。迷いますな!

そうそう! 桃隊長のガッチャマン・ジャケットはドラゴン・ウェーブで破格の値段でゲットしたものですが、今回初めて小虎が着用した
Gジャンは桃隊長がヤフオクでゲットしたもの。これも超破格の代物です。しかし、小虎には十分でした!もう1着欲しいくらい♪

おおよそのツーリング・マップです♪ →