いざ、甲斐の国へ(前編)!   2007年 5月 13日 曇り/晴れ
 前々から企んでいた甲斐の国への侵攻ですが、ついに実現の日がやって参りました。天候がどうの、と言うより小虎が早起きできるかどうかだけが問題なのでしたが・・・。朝5時過ぎには起床、準備を行いまして6時30分の出発です。さすがに道は空いており順調に走れて大満足の246号♪ ちょうど1時間で伊勢原を通過、8時には山北のサンクスに到着。ここで腹ごしらえと休憩です〜。このサンクス、昨年の富士ブルースカイヘブンの時にビッグツイン軍団が休憩していたコンビニで、絶好の場所にあるのです。駐車場でフェラーリ3台を発見!仲の良さそうなおじさん達が休憩ですな。その後、やっぱり仲良く出発しましたぞ。我々の第一目標は富士スピードウェイの裏手の山(峠)から富士山を臨む事です。246を「小山工業団地入口」で降りて富士スピードウェイ東口方面へ。既に富士山が見えます〜。さ、富士スピードウェイのゲートを横目に初めての道へ。いつもは左に曲がるT字を今回は右折ですな。どれほど遠いのかと思っていたら、あっと言う間にFISCOが眼下に。

 この峠道・・・数多のホームページ等でも紹介されている急坂であります。三国峠・・・・・なんと、勾配16%!ここを越えて山中湖へ抜ける作戦です。この16%勾配・・・噂以上です! タンデムの銀次郎にはセカンドでないと上れません(泣)。ひとたび停車したらず〜〜っとローで走らなければなりませんぞ。しかし、この三国峠、走り屋さんのメッカなんでしょうかね?タイヤ痕がひどいことになってますな。ま、そんな事は良いのですが、ついに富士山の絶景ポイントに到着!! いやぁ〜素晴らしいの一語に尽きます。感動致しましたぞ♪

 しばらく富士山を眺めておりましたが、峠を下って山中湖へ。湖畔を気持ち良く走って次のポイントである天下茶屋へ走ります。途中、山中湖畔の売店で買い物をして休憩。その後は137号を走って御坂道へ。ここもなかなかの勾配とカーブの連続であります♪ 河口湖も眺めが良いですなぁ〜〜♪ もう、観光気分全開となっております!

 天下茶屋の前でしばし休憩し、またも峠を下ります。峠道から御坂道の立派な新しいバイパスでしょうか? ず〜〜〜っと下りの気持ち良い道を下りっぱなしで甲州街道のバイパスへ。これも少し走ると、いよいよ第3の目的地である山梨県立博物館に到着するのであります♪

*続きは後編に・・・

<今回の走行距離 約293km 1回目の給油で17km、2回目では25km・・・下りの多さか?>
         


【前編・・・出発〜天下茶屋】
246をスイスイ〜ッと走り、最初の富士山

このカットもトップページに飾れそうな一枚ですな。

まだ、朝の空気です。

三国峠を少し上った見晴しの良い場所から左の中央にはFISCO。右には富士山。眺めが良いのですよ。
最大の難関? 噂の16%勾配・・・・・。 「ツーリング」と検索すると自転車のツーリングで必ず引っ掛かる有名な坂ですな。普通に立っていても直立するためにちょっと踏ん張らないといけない傾斜です。銀次郎の駐車もちょっと不安でしたが・・・ズルズルと下がらないかと。。。
しかし「坂マニア」にとっては堪らない場所なんでしょうね?

クルマで走ってる人達は多いんですな、ここ。そうそう!フェラーリが10台ほど連なって下って来ましたぞ。きっとFISCOで「フェラーリ祭り」でもあったんでしょう。

文句なしの富士山〜♪ 朝の光を浴びて、雪の白さが蛍光色のように輝いておりました。威光・・・その通りであります。特に崩れた部分が無いのでとても美しいと桃隊長が言っておりました。神秘的な力をも感じる朝の富士山でした。
そして、その富士山を眺めて我々は・・・・・。桃隊長のフリフリ・フリンジのバックスキンのジャケットもデビューですな! この時、小虎は
ギャオスを思い出したのでありました。。。ちなみにこのジャケットはドラゴン・ウェーブでゲット致しました〜♪
そして山中湖畔でひと休み。桃隊長は「モモ」が大変気になるらしく、道を横断した後もじ〜っと睨んでおりました。「じゃ、撮影すれば?」と。山中湖到着は9時30分でございました。ここまでは少し肌寒いくらい。初のGジャンで出撃した小虎は結構寒がっております〜。
そして、ここでも一枚。少し雲が増えましたか・・・。しかしホントに見る場所によって変わりますね、富士山。 飽きませんぞ!
これ、御坂道ですな。左の画像でヘアピンのカーブがそうです。ここから少し走ると天下茶屋。手前は三ツ峠への登山道(入口)です。
太宰治の文学碑があると書いてありますな。

クルマも上っておりましたよ。

天下茶屋まではバスも通っております。
ちょっとひなびた感じが良いではありませんか!?
シーズンによっては混み合うスポットかも知れませんが。

そして、天下茶屋到着〜♪ 137号もスイスイ走れて気分爽快。この御坂道、途中アスファルトの状態が悪い所もありますが、比較的楽に上ってこれます。部分的にガードレールがなかったりしますが・・・。夜は走りたくないかも。。。
天下茶屋は名所なんですね。朝から大勢の方々でした。
撮影するヒトやツーリングしてるヒト、様々ではありますが。

ちょっと雲がかかってしまいましたな、河口湖とツーショットの富士山なんですが。

ここも良いポイントですよ、撮影するには。

それにしても天下茶屋って立派なんですな! もっと小さな峠の休憩処をイメージしておりました。いやいや、由緒ある茶屋なんでしょうね。あまり詳しく知らないんですけど。空いていれば中で休んでも良かったんですけど、繁盛していたので今回はパスしました。
桃隊長渾身の1枚 シリーズ
天下茶屋と銀次郎ですな♪

いやぁ〜、これがトップページの画像となってもおかしくないのです。

富士山の画像が素晴らし過ぎたので、今回は次点という事になりました。

長い坂道から解放されて銀次郎も休憩です。
何だかホッとしているような・・・。

246からはアップダウンのワインディングばっかしですからな。そりゃ、疲れます。

この頃、小虎の寒気はピークに達しております。
山をなめてはいけません!!
Gジャンの中に着られる薄手のアウターがあったのに・・・。


【前編のこぼれ話】

今回も地図を見ていろいろ作戦を立てましたが、やはり下道オンリーです。高速ではどうも情緒が・・・などと考えてしまいます。
最初は246をもっと南下して山中湖方面に上る道を考えたのですが、地図を見るとどうも行けそうな道がありまして、それが今回の三国峠なんですね。その道さえ何とか見つかれば、後はネット検索です! ポイントの名称でも何でも役に立つものです。ツーリングでもっとも検索結果の多かったのは自転車によるツーリングのサイトでしょう。あんな16%勾配を・・・。我々は自転車では絶対に行けません。

今回の富士山、最高です!! いやぁ〜、早起きは三文の得でしょうかね? 日頃の行いでしょうかね? 感動しました♪

前半はこのように「富士山三昧」で贅沢なツーリングです。この後、甲府市に下りいよいよ「風林火山三昧」の幕開けとなるのです♪