予定外の奥多摩湖〜大月〜相模湖ラン!   2007年 4月 29日 見事な晴れ
 今回は晴れることを想定しておりましたぞ。雨は前日で上がって気持ちの良い朝でした〜♪ さて、道志道越えで山中湖を通過する忍野八海コースと、昭島のディーラー見学プラス付近の散歩コースという2つの候補がありましたが、奥多摩コースにしました(笑)。奥多摩は桃隊長が以前から気にしている場所なんですな。よく、ネットのツーリングサイトに登場するからです。知ってはいるけど行った事がない・・・と言う事で、今回は奥多摩コースになったのです。奥多摩は青梅から上るコースを選択。これは先々週のドラゴンウェーブで走ったコースで青梅まで行き、青梅から411で奥多摩湖に向かうという安直なものです〜♪

 いつものように246から鎌倉街道〜甲州街道〜を抜けて取り敢えずは昭島、福生、青梅と順調。青梅からもごくごく一部の区間の渋滞を除いては順調に走れました。途中からバイクが徐々に増えてきますね、「本気走り」スタイルの皆さん。またオフロード系の本気さんもたくさんいますな。雰囲気も盛り上がってくる訳ですよ!

 渓谷、森林など美しいコースであります。秘境の旅とまでは申しませんが、なかなかのもんです。小河内ダム付近のパーキングでひと休みしましたが、クルマもバイクもいっぱいであります。○○愛好会のようなグループから超走り屋さんまで多種多様でありますな。一つに固まっていないところが賑やかでもあり心地よいです。ハーレーばっかりだと緊張するのねん♪

 売店を何気なく覗いていたら「これ、美味しいよ!」とおばさんの声。試食すると旨いではありませんか〜っ!ごぼうあられでしたっけ煎餅でしたっけ・・・・・ま、似たようなものですが。ひと袋購入しましたぞ。ホントにごぼうの香りが強く、それがまた妙に塩とマッチして美味しいのよん。これ、お薦めです。是非、ブログでご覧下さいませ。(桃隊長アップ予定)

 さてさて、ここまではスピードも出せない混み具合でしたし、道も案外単調でしたので何か物足りない不完全燃焼状態であります。休憩後はもっと先へと走る事にしてみました。ま、奥多摩湖を周遊してのんびり帰れば良いか・・・・・と考えていたのです。しか〜し!あまりの気持ち良さについつい「大月方面」にワインディングの臭いを嗅ぎ付けて突進してしまったのであります。グイングインと右へ左へ、というのが大好きな方なので。ただ、勾配がきつく、道の端には砂や小石も多く、無理は禁物の峠道だったので大人しく走りました〜。峠の頂上でまたひと休み。下りは驚きのヘアピンの連続・・・・・そうです!昨年のGWで走った美ヶ原林道を思い出しましたぞ!ま、どっこいどっこいかも。

 道を下り切ったら大月の市街。富士山がでっかく見えます。しかし、さっと過ぎて20号(甲州街道)を左折。さすがに右折して甲府方面へは行けませんでしたな(笑)。その後もまずまずの順調な走りで相模湖へ。ささっと通過して厚木へ抜けまして246で帰宅です〜。

 いやぁ〜、腰と背中が痛いのなんの・・・。でもま、無事に帰宅できて何よりです。

<今回の走行距離 約215km 1回目の給油で17km、2回目では24km(給油量が控えめ)>
         


【メッカの奥多摩湖だぜっ!】
道中、美しい景色が続きます。それにしてもこの辺りにはキャンプ場が多いのですな。河原が見える度にキャンプやBBQを楽しむ人達がいっぱい見えましたぞ。
良いですね〜世の中GWであります。

さてさてこの橋、いろんなサイトで見かけますね。一応、撮影。

パーキングはてんやわんやですよ♪ 銀次郎の後ろにはロータスのスーパーセブン系のクルマ軍団。1台でも目立つのにこんなにいるとねぇ〜。
右下はお土産モノ屋さんですな。
そうなんですよ! 大事な水の確保場所なんですな。水源地だそうで・・・これが後の「砂や小石」に繋がるのですぞ!
あまりにも天気が良く景色も素晴らしかったので、桃隊長も暫く封印していた必殺技であるタンデムからの鼻歌撮影をば。小河内ダム、貯水湖、それに橋などの数々。ツーリング気分満点でしょ?
水の色が綺麗ですな〜♪

天気は良いし、道は走り易いし・・・ウキウキのツーリング気分を味わえます。

この時は「奥多摩湖周遊で帰る」つもりでした。。。

しかし!ついつい気分良く走っていたため、○○村方面ではなく大月方面へと突き進んだのでありました

ちょっと走れば山梨県ではありませんか!
こんなに近いとは思いませんでしたな。

この峠道前半、小虎の頭の中にはNHK「風林火山」のテーマ曲が流れている訳ですよ。即ち、もう後には引けないのですな!

小菅村では多摩川源流祭りですか、そんなイベントが開催されておりましたぞ。土手沿いの芝桜も綺麗です。桃隊長発見の鯉のぼりが、何だかメザシ軍団にも見えてしまいます〜。これ大変なんでしょうね、設置に撤去。
峠道からは大パノラマです。これも昨年のヴィーナスラインを思い出しますな〜。規模は違うけど・・・ね。わいわい言いながら走ってますと、やがて峠の頂上です。ここを境に上りと下りの勾配の凄さが分ります。
【桃隊長渾身のシリーズ】 今回のポイントは地獄のような松姫峠制覇となる記念の石碑と光り輝く銀次郎です。
1枚の画像に収めようとしますが、うまい具合に道が見えておりません。
何しろ、上の方から一気に下るような急勾配とヘアピンの連続なのです。

上りは大月方面からの方が楽と言えば楽でしょう。スピードも出せないし。
安全かと思います。
そして、峠道からやっと市街へ。

ここでも富士山がよく見えます。中央高速インターの近くなんですな。ここまで来れば安心です。
なんて油断してるといけない訳ですが・・・・・。


【こぼれ話】

ホントに奥多摩湖まで行ったら戻ってくる予定だったのですよ。ま、成り行きと言いますか、時間にも余裕があったのでついつい走ってしまいましたが・・・。それにしても松姫峠、素晴らしく「峠」です(笑)。ここの砂や小石でガードレールに激突・・・という方の報告をネットで拝見しましたが、コースを少し外れて外に膨らむと滑るかも知れませんね。何でも、「水源地のため、凍結剤の使用ができないために砂をまいている」そうで・・・。結構危ないです。なので、必然的に真ん中寄りのラインを選択しますが、そうすると見通しの悪いブラインドコーナーでは危険ですし・・・(泣)。ま、ゆっくり走れと言う事でしょうな。我々のようなタンデム走行では(特に後ろに体重が掛かりがちなバイクでは)かなり疲れます。ま、速く走ろうとするからいけないんですが・・・。なので、前傾姿勢にして上半身を左右に揺らし易くします。きっと背中や腰の痛み(疲労)はそれが原因なんでしょう。

しかし、対向車をはじめクルマもバイクも少なくて気持ち良い道です。ま、あんな道を走りたい人って少ないかもね。アスファルトもひびが入ってるし。ただ、美ヶ原林道よりはマシかと・・・。穴があいてたり道の端が欠けてたり、枝や岩石がない分だけ(笑)。

大月辺りで空腹なのに気付きました。このままでは立ちごけの危険が・・・・・。そうも思いましたが、某所のびっくり寿司まで走りましたぞ!ここは桃隊長が15年ほど前に食べに行った店らしく、とても良いと。ホントに素晴らしく美味しかったですな!!また行きたいと思います。近所だし〜♪

今回のぐるっと回ったツーリング・・・と言うよりもランと言った方が相応しいようにも思えるのですが、総距離215キロで先々週のドラゴンウェーブ(秩父)の時と同じ距離です。山梨を少しかすめて来た訳ですが、何か妙に感動さえ覚えますな同じ215キロって。

奥多摩湖のような場所まで走って来るバイカーにはサンダルばきやら半ヘルを頭にのっけただけのような連中は来ません。なので気分よく走れます♪完全武装の人達が多いですからね。嗜好が違っても同じバイク乗りですから、ちゃんとしてる方が気分良いのですよ。

今回の松姫峠ですが、帰宅後に桃隊長がマップで確認したところ、標高1300mだそうで・・・。気分爽快でした!!

試しにマップを作ってみましたぞ! 別窓で開くはず・・・→