番外編・・・伊賀でござる!        2007年 3月 10日 曇り
我々がクルマで出かけると番外編になるのですが、旅はどんな旅でも楽しいものです。今回は小虎の仕事絡みなので、クルマとなりましたが、天気も不安定であったため、結果的にはそれで良かったようです。夜、ひどい雨だったようですしね(小虎は酔っ払って寝てましたが)。

朝、5時半の出発ですよ・・・久しぶりの早朝出撃ですな! 前の晩も飲んでおりましたが何とか予定通りです♪
7時には足柄のサービスエリア到着。軽く食べて、浜名湖サービスエリアで休憩♪ そして豊田ジャンクションで伊勢湾岸道路へ。
刈谷で休憩して(いつぞや購入した「手羽先のたれ」を探したのですけどね)スイスイ〜っと。行きの最初の目的地は
伊賀ですな。忍者の里ですぞ。しかし、我々の目的は忍者屋敷ではありません。俳優の椎名桔平さんのご両親の経営?する喫茶店「Kip's」へ行く事です。副次的には小虎の飲みたい日本酒も購入したいのですけどね・・・♪ 伊賀に到着したのは12時過ぎでしたので、お店が混雑していると落ち着いて食事もできまいと少し時間をずらす事にしました。そうなると時間があります。ではでは、と言う事で上野城を見学に・・・。ここの敷地の中に忍者博物館があるのですな。そうそう!上野という場所は松尾芭蕉の生まれた土地でもあるのです。そのため、関連施設も多くありますぞ!

上野城もなかなかです。中を見学する事はしませんでしたが、お堀などを見ながらグルっと散歩できます。お腹も空くし、一石二鳥ですな!お城を見学した後は町中へと繰り出したのでございます。市中も古い建物等が残り、「まるで京都みたいだね♪」とは桃隊長のお言葉です。伝統がありますからね、何しろ忍者ですしね。町ではいろんなモノを発見したり、驚いたり笑ったりですぞ。

そして目的のKip's突入です。食事と言ってもカレーライスとホットサンドが食事のメニューで、後は飲み物とケーキなんですな。桃隊長は特製のカレーライスが随分と前から気になっていたようです。事前にネットで店の所在地を確認する際に、あまり芳しくない評価を小虎は読んでおりました。なので、ある意味で余計に興味もあったりしたのですけどね。意外・・・十分に美味しかったですよ!ま、カレーやラーメンは国民食のようなものでもあり、個人の好みも千差万別でありますからね。伊賀牛を使用しているようですが、伊賀牛は松阪牛ほどのブランドパワーは持ってませんが、有名な牛肉です。これがゴロッと2つ入ってましたぞ。マイルドなヨーロピアン・カレーをベースにしていると思いますが、スパイスもしっかり効いてまして、興味深い味でした。「良いジャン!?」みたいな・・・。特筆は、お水です!最初にテーブルに運ばれた「お水」。これが美味しかったのですよ♪ 我々は「お水、美味しいね〜」などと話してましたが、お代わりを注いで頂いた時に「地下水を汲んで使ってますから」とお父さん。なかなかダンディでございます。

そう!三重県ってのは水が綺麗な所でもあるんですね。宮川水系は何度も日本一綺麗だの美味しいだのと言われている知る人ぞ知る名水の土地でもあるのです。そして、酒も盛んに作られている訳ですが、「山田錦」と言う品種のお米を酒飲みならご存知でしょう。この山田錦の「山田」は伊勢の隣の宇治山田を指すのであるらしいのです。大昔ですが、伊勢神宮を詣でる全国の人の中に「伊勢の酒は上手い」と感じた人がいたらしく、元になった米・・・つまりは山田錦を持ち帰った、と言われているのです。それが酒の標準的な原料となっている訳ですな。勿論、他にも「五百万石」とかありますけどね。ポピュラーでしょ?山田錦ね。

そんなこんなで伊賀上野を堪能したのですな!!

<今回の走行距離 初日クルマで約495km、ちなみに燃費 約14km/L>
         


【初日 〜上野・松阪】
浜名湖ですぞ〜!

桃隊長、湖と花で大満足の途中休憩♪

この時、「○○パンが焼き上がりました〜」とのアナウンス。
リトル・マーメイドが営業しちょります。しっかりと。

当然、桃隊長は偵察に出掛けたのでありました。

ちなみに、画像はありませんが・・・足柄SAで「桜えび天そば』を食しております♪

桃隊長はしっかりと買い込んでまいりました。

焼き上がりのガーリック・バターのフランスパン、惣菜パン、そして・・・ウナギドッグです。

ま、焼き上がりのガーリック・バターのフランスパンはとても美味しかったですが♪

ただ、ウナギはウナギです〜(泣)。
小虎は蒲焼きか丼の方が・・・・・。。。

そして伊賀に到着! 今は伊賀市なんですね、昔は違ったように思います。
左)上野城の入口脇にある案内看板です。町が一目で分かります。
右上)松尾芭蕉の記念館のようなものですな。
左)さすがは伊賀!トイレの男女表
  示も忍者です。

右)俳聖堂という俳句関連の施設で
  すね。なかなか立派でした。

そして上野城ですな。

これもなかなか綺麗でしたよ!城の周りは公園です。
盆地である伊賀の小高い山を利用して作ったんでしょうかね。

周囲がよく見渡せるようになってます。

お城が中心となって様々な文化歴史施設が揃ってます。

ぐるっと一回りするのに非常に便利になっております。

歴史の町・・・・・を認識させる旧家の数々です。上は味噌屋さんのお店のようです。下も何かの商家でした(失念でござる)。

間口は決して広く無いのですが、奥行きがあります。この土地の分割方法は京都に似ているのでしょうかね。桃隊長と驚きましたが・・・・・ウナギの寝床のようになっておりましたので。

さらには、昭和レトロなお店がある一角を発見。左は飲食店で、ホントに古いものか否かは不明です。雰囲気的には新しいんですけどね。
右は老舗・・・と言いましょうか、和菓子屋さんですね。看板には餅屋となっております。小虎には懐かしい造りの商店でした♪
上のお店、「おおにし」と言う和菓子屋さんです。散策中に、右の画像にある電柱の妙な看板を何度か見ておりました。・・・・・絵が下手過ぎる、と。そして忍者最中とは何と安直な名称なのかと。しかし、気になる・・・・・と。そこで、大黒屋さんと言う酒屋さんで場所を聞いて行ったのですな。桃隊長はお土産にしましたぞ!!このイラストの九の一の形をした最中です。受けること間違いなしっ!!
ホントにあちらこちらに忍者が出没ですな〜♪

ところで、「だんじり」と言えば岸和田の荒いお祭りかと思ってましたが、ここ伊賀にもあるんですな。案内看板が随所にありました。

小虎が目指した酒「瀧自慢」を購入した「なべ重」さんと言う酒屋さんですな。

通りに面していてクルマでも寄れます。

ここに来る前に「大黒屋」さんに寄りましたが、そこでは瀧自慢の扱いがなかったのです。2種類の酒はゲットしたのですが、どうしても瀧自慢も手に入れたかったのです。

このなべ重さんには1種類ですが常温酒がありましたので一升瓶で購入♪

市内を偵察した後はKip'sへ突入です♪
ここ、分かりにくいですな・・・画像だと。
でも、案内に従って行くと簡単に分かる場所ではあります。

間口が広くなくて奥行きがある土地に立てられていますから、入口を見ただけででナメてはいけませんぞ。

天井が高くて良い風情です。我々はお昼時を外したので、お客さんが誰もいなくてラッキーだったのです。食事が済んだ頃にお茶のお客さんが入って来ましたけどね。

落ち着いた雰囲気で「和」の造りなんですね。外観は外国の街角で見るような風情なんですけど。中はどちらかと言えば和なんですよ。

ま、良い感じな訳です〜♪ グッドでしたよ!!

町で見かけた忍者達・・・・・結構面白いですな!

【こぼれ話】

小虎はこの地方は割と詳しいのです。同じ言葉遣いで大丈夫なんですな。桃隊長には京都の言葉に近いと感じられたようです。ま、それはともかくホントに良い町でした♪ 知らない人にでも会釈をする、観光客を大切にしてくれる町ですぞ。これは京都と全く違いますな。

さて、東名から伊勢湾岸、名阪国道といずれも結構なスピードで流れる道路でした。何度か小休止を入れましたが7時間ほどで着きました。小虎の読みでは8時間だったのですが。

伊賀・・・昔は上野じゃなかったっけかな? もしくは伊賀上野。「伊賀」と言う呼称は最近でしょ?・・・違うかなぁ。
ここは観光地ですが、妙に媚びる事もなく、かと言ってふんぞり返る事もなく、非常に好感の持てる土地です。また行きたいなぁ。

城下町ってのは魅力的な町が多いように思いますね。整然としていて良い意味での誇りも感じられてね。

それにしても、忍者をキャラクターにしたものが多く目に付きます。お店が演出したビクター犬の扮装、これは笑いますぞ。
桃隊長から絶対撮影命令の出た「九の一号(正式名称なんでしょうか?桃隊長命名なんでしょうか?)」・・・おおいに楽しませてくれます。

ここからは名阪国道〜伊勢道を使って松阪に行ったのです。仕事らしい話はほとんどなく酒盛りになってしまいましたが・・・スマン。