桃隊長、銀次郎に乗る!          2006年 10月 10日   
ついにこの日がやって来ました! 桃隊長が銀次郎に乗ってみる・・・という「練習日」がです。これまで早朝練習を予定してましたが、やはり小虎の飲み過ぎによって昼前の出発でした〜。あまり車や人のいない所が無難だろうと、横浜には数多い埠頭のどこかで極秘裏に練習を重ねることが我々の企てでした・・・しかし、昼頃の出発では到底無理な話です。でもま、行ってみないと分かりませんから、行くだけは行きましたよ! その結果・・・惨敗です(泣)。横浜シンボルタワー駐車場は満杯。尻尾を巻いて逃げ帰りました(笑)。が、エリアに入る直前の景色に目を奪われたのでデジカメに記録。これだけでも結構満足した我々でしたが、やはり初志貫徹です!

場所を変えようと八景島方面へ。あの辺も少し道(357線)を外れれば練習くらい出来るだろうと、軽く考えておりました。 以前から何度かお世話になっているスーパーオートバックスを左折。突き当たりに公園を発見!いつぞや羽田の近所で見た風景のようでもあります。やや風ありの波あり。ここでまったりした後、近所を走ってみると・・・意外や意外!これは練習に最適なコースでありますよ。道幅広め、クルマ少なめ、一時停止ありの信号あり。碁盤の目のように右折の連続や左折の連続で元の位置に帰って来れるに違いない・・・そう考えたのです。しばし、グルグルと走って、「ここだ!」というスタート地点を設定。いよいよ桃隊長の初乗車です。2007年モデルには全走行10kmほどの実績がある隊長です(全て試乗会で、私有地内ですが)、きっとやってくれるでしょう!・・・と期待しながらもドキドキでございます〜。

2007年モデルはインジェクションと言う事で非常に扱い易いです。車体もさらに低くなってます。あまり2007年スポスタに慣れてしまうと、銀次郎が大柄に感じ、キャブが扱い難いものと感じてしまうでしょう。なので、どんどん慣れて欲しい訳です。車高1インチほどの違いは足の裏がべた着きかかかとが浮くか、という微妙でありながら大きな差であります。心配しておりましたが、ブボボボボ〜と出発です! 桃隊長の巣立ちの瞬間ですっ!!はっきり言って感動しましたなぁ〜〜。あの桃隊長が銀次郎に乗っているです・・・おっかなびっくりですが操ってます。走って行く方向を見てましたが、どっかに行ってしまいました(笑)。後は無事の帰りを待つのみ。携帯電話も持ってます。いざとなれば近所を通りかかった人が助けてはくれるでしょう。待つ間、小虎は耳をそばだてて銀次郎の排気音が近付くのを聞き漏らさないようにしておりました。しかし、暫くの間戻っては来ません(泣)。何かあったのではないか、右左折できずにず〜〜っと直進だけで自宅へ帰ってしまったのか・・。様々な考えが頭の中を巡りましたが、ブボボ〜〜と帰って来ました〜〜(喜)

何でも、右折の繰り返しコースで走ったらしいです。普通は、簡単な左折コースで走るような気もしましたが・・・。その後はスーパーオートバックスにて軽食をとり、もう少し練習をと本牧方面へ。何故かベイ・ブリッジが目の前に現れたので、初めて走る事に(笑)。ここ、良いですね!景色最高ですよん♪ おまけに大黒海釣り公園まで見学し、そのまま帰宅したのでした。

練習はまた後日・・・早朝に・・・できるのか?

 <今回の走行距離 約92km  平均燃費・・・約18km/L(前回走行分)>


雲一つなく、澄み切った秋の空!
目指した練習候補地「横浜シンボルタワー」の駐車場では目的を達する事なく撤収しましたが、この景色ですよ、気分爽快なのです。

スケールは小さいけど、アメリカの広大な砂漠地帯にポンと見える貨物駅のような・・・そんな雰囲気(?)。

練習する気満々だった桃隊長の残念そうな後ろ姿

エベレスト山頂を目前にしながらも、悪天候のために泣く泣く引き返すアルピニストの心境にも似たものがあるのかも知れません・・・。
(山好きな人、スマン)

八景島のほんの手前を左折すると、そこには公園がありました。福浦という所ですな。釣りをするもBBQをするも、犬の散歩も、昼寝も、何でもありです(笑)。ちょっと風が強かったですけど。
こんな景色を眺めながら、まぁ〜〜ったりしてたら、ほとんど
途中下車の旅」になってしまいそうでした。

海の色、綺麗でしたね。釣りがしたくなりますよ!

しか〜〜し! 近くで練習を強行! 桃隊長の巣立ちです。
桃隊長は慎重にスタートしました。その排気音はまたまたシビれるものでした〜(嬉)。

よくよく考えたら、小虎は銀次郎の音をヘルメットなしで聞いてません(笑)。暖気運転ではなく、発進や走行中の音・・・真近で初めて聞いたように思います。

良い音です、やっぱり。大きさはそんなでもありませんが、ほどほどの重低音が最高です。(ま、親ばかみたいなものですけどね)

10分近くでしょうか、遭難したかと思ったところで桃隊長が帰還。

桃隊長が銀次郎に乗ると、ひとクラス上のマシンに乗っているようにも見えますな。

冬はコーンスープが最高の、スーパーオートバックスのスナック・コーナーへ。味は微妙な線ですな。でも、便利ですよ、ここ。
何故か、ベイ・ブリッジへ。ループしてまんがなぁ〜!天城みたいでんがなぁ〜〜
全然目指していなかったベイ・ブリッジを渡りました。

「そこに橋があったから・・・」そう答えるしかありませんが(笑)。でも、走っていない事の方が不思議でもあります。

ついでに大黒海釣り公園の看板もあったので、行く事にしました。過去、横浜シンボルタワーから眺めた対岸の場所ですな。

ぶらり、大黒海釣り公園・・・。
ライダーやドライバーのマナーが問われますが、釣り人も問われる訳です。

立入り禁止と書かれれば入りたくなる・・・それが釣り人の心情でしょうか。ま、気持ちは分かりますが・・・釣れそうだし、人は少ないし、お金は払わなくて済むし・・・。スマン・・・。
でも、テトラは危険です。

釣り桟橋は賑わってました。大きな船も行き交うようです、さすが横浜港
我々は、カモや家鴨、白鳥などの水辺の鳥を一括して
ガーガーチャン」あるいは「ガアチャン」と呼びます。

ここにもいました

お子様向けの小高い山。
ホントは桃隊長も登りたかったらしい・・・
いつものポーズで撮影したかった・・・らしい。

でも、人が多かったのでやめました(笑)。

大黒海釣り公園に入るには、このようなゲートを通ります
クルマの駐車場は有料なんですね、ここ、バイクはただです(嬉)。

そう言えば、横浜シンボルタワーも同じです
違うのは、バイク通路が片側にしかないことでしょう。

銀次郎は大丈夫ですが、エレグラやロードキングなんかはサイドバッグが邪魔で入れないかも・・・。

当然、サイドカーやトライクは無理です。
(クルマ扱いと言う事ですな)

ちょうどタンデムのアメリカンが出る所だったので、どんな感じかなと撮影。

こんな感じです〜。


【こぼれ話】

記念すべき日になりました
・・・桃隊長の銀次郎初乗車。普通なら左折の繰り返しで元の場所に戻って来るだろうと考えてましたが、桃隊長は
右折で帰ってきました(笑)。2007年モデルは何もオプションなどを付けてませんから軽い車両ですが、銀次郎には重さが加わってます。車高も違いますし、扱い易さも違います。少し心配はしましたが、何のことなく走ってました。

次回も練習したいと思ってます。もっともっと慣れて、ソロで自由に走れるようになるでしょう。我々が偶然に選んだ練習コースですが、どっかの教習所の練習コースでもあったようで、何台もの教習車が走ってました。若葉マークの女性も練習してました。練習のメッカだったのです!良い場所に行き着いたものです(笑)。

最近は釣りをしてない我々です。たまには釣りもしたいかな〜などと思ったりしますね、人様の釣りを見ていると。

それにしても天気が良かったです。秋晴れなんでしょう・・・秋だし。こんな日が続くと良いですね。

六角橋を素通りして帰宅しましたが、寄っていたら「天城越えツーリング」の声が掛かったでしょう。でも、今回はパスです。
22日には「
稲妻祭」ですよ。昨年のこの催しで我々はヘルメットをゲットしました。そして、立ち寄ったディーラーSでXL883Lを見て、跨がって喜んでいたのでした。「タンデムウェイ」はこの祭りから始まったのです

あの時のあの白い
車体が始まりだったのですな。 行くぞっ!!昭島!