超幸運の宮が瀬ダム?             2006年 8月 13日 
先週は銀次郎でのお出かけがありませんでしたので、今回はとにかくどっかへ行きたかった訳です。
ちょうど、小虎の用事で津久井湖の近所まで行く事になり、ついでに宮が瀬ダムへ回ろうとなりました。 天気予報では午後(夕方)に雷雨かも・・・と言う事だったので、早めに帰って来る計画です。

7時5分に出発し、まあまあスンナリ(とは言え16号が混雑でしたが)津久井湖近辺の小虎の目的地に到着。用を済ませて5分ほどで津久井湖へ。見物がてらトイレ&飲み物休憩です。そのまま付近の施設内を散歩し、宮が瀬ダムへ向かいました。

この宮が瀬ダム、全くの偶然ですが観光放流が行われる20分前に到着しました! そもそも観光放流が毎週水曜日と第2日曜日に行われるなんて事も知らずに行ったのです。 ある意味でとってもラッキーだった訳です(笑)。

帰りはのんびりと厚木経由で246号、いつものコースで帰着です。午後3時前には終了のプチツーでした。

<今回の走行距離 148.2km  平均燃費・・・約22.8km/l>


津久井湖の上にある城山湖(小さい人造湖)もついでに見て来ようか・・・と感じの良い登りを走っていると、なぁ〜〜んと! ←こんな標識が。

何じゃ、こりゃ・・・と言う訳でシッポを巻いて引き返しました(笑)。

排気量で制限されている訳でもなく、ホントに走れないのかな。。。せっかくの「やまなみ五湖」征服が・・・・・(ウソ)。

道を引き返して用事をさっと済ませて津久井湖へ。

相模湖方面へ向かうクルマは渋滞中
この路線を使う時にいつも利用していたパーキングで休憩です。飲み物の自販機とトイレがあります。しかし、トイレに行ってみると、何だか使いたくない雰囲気を醸し出していました(泣)。どうしようかと思っていたら、ゴルフ遊び(ピッチングウェッジとパターの練習)をしていた地元?のおじさんから「道のあっち、建物の裏側にきれいなトイレがあるから」と教わりました。

ふむふむ、おじさんにお礼を言ってそっちへ。

トイレに向かう途中に建っている看板。 なかなか目立って威風堂々ではありませんか!(すぐに宮が瀬ダムとのグレードの違いに驚きますが・・)
征服記念
の画像です(笑)。
小高くなった山の展望台から津久井湖を望むとこんな感じ。

しかし、ホントにこの付近は渋滞しますね。
たまのレジャーで都心方面から相模湖へ着くまでは忍耐が必要なのです。時間によっては上りも混雑しますが・・・・。

ゴルフおじさんが教えてくれた公園
とてもきれいに整備されています。ちょっとした遊びなら、こっちでも十分じゃないかと思えます。トイレも勿論、きれいでしたよん! お薦めです。(受け売りですが・・・)

スワンもいますね♪ 湖と言えばスワンですよっ!!
釣りボートもあります。

下の右側の画像・・・・・水面に何やらボコッ巨大な気泡が見えます。これ、ボコボコと一定の時間をおいて見る事ができます。最初、ネッシーならぬツッシーでも出現するのかと。
付近をボートで通過すると、きっと無気味に違いありません。

津久井湖で驚いた後は適当に走りながら宮が瀬ダムへ。 途中、上りの山道で不自然な渋滞に巻き込まれましたが、御盆の霊園渋滞だったようです(笑)。
駐車場に銀次郎を駐車してダムへ向かう途中、アミューズメント・パークばりの「あいちゃん号」と遭遇。

園内のアップダウンをもろともせず走ります。疲れた人や子供、お年寄りには親切な移動手段ですね。有料ですけど。

あまり深く考えませんでしたが、「あいちゃん」とはあいかわ地区(地名)から命名したものか、と。卓球少女でも宮里家とも縁はない様ですが・・・。

駐車場から約10分ほど歩くとこの位置に。

津久井湖の看板よりお金がかかってます。その差は歴然な訳ですね。規模の違い、集客力の違いをまざまざと見せつけております。ま、こっちは完全に観光ダムですからね、仕方ない。

桃隊長、ダムを眺めております。

そして! 超ラッキーな観光放流の瞬間です。良く見える場所まで進んで待ち構えておりました(笑)。
ドド〜ッとね。 こんなに水しぶきを被るとは思ってませんでしたが・・・。このダムの放流を「鼻水」に例えてズルズルとか
書こうかと思いましたが、やめました(笑)。
足元の柵の向こうには虹です。ほんの小さな虹ですが、
とっても得した気分になりますな。

どうやら、虹は不思議な力を持っているようです。
しかし、飛沫が・・・・・。。。

この放流は6分間です。なので、途中で移動する事も可能なのです!
ダムに喧嘩を売っているような桃隊長のいつものポーズ。→
放流を堪能した我々は、エレベータ(無料)でダムの上に行く事にしました。ダムの下がB3Fでダムの上が1Fです(笑)。
約1分で絶景ポイントへ。楽です! ちなみに、有料のケーブルカーもありますよん。
ダムの上から下を見たり、遠方を眺めたり・・・・・随分と広く、大した施設だと感心します。さすが、神奈川の水瓶ですな!!
資料館などの付属施設も充実
資料館で歴史を辿るもよし、地元の催しを見るもよし。

の〜〜んびりできます。

他にも親水広場っぽいものが複数ありますし、駐車場も安いし。(我々=2時間で80円)
さすがに親子連れをはじめ人が多いため、我々の傍若無人な水遊びは出来ませんでした(泣)。

でも、ここは確かに良いかも!

ダムの少し手前にある「大沢の滝」

最近、滝づいている我々ですが、ここもお薦めです。
ダムが主役なため目立ちませんが、この滝もきれいです。

紅葉の季節ならもっときれいかも・・・・・と桃隊長のお言葉。


【こぼれ話】

今回はいつも通り慣れた道ですから、気分的には楽ですね。 時間や距離が短くてもなかなか楽しめるものです。ホントは宮が瀬ダムで昼寝でもできればもっと良かったのかも知れません。近場のレジャーポイントと言う訳ですね! それにしても、観光放流をお目当てに早くから待っていた人達に申し訳ないほどのグッド・タイミングでした♪ 

この宮が瀬ダム、桃隊長は随分以前から「行きたい場所の1つ」だったようです。ダム工事着工前から今はダムの底に沈んだ村が気になっていたようです。感慨ひとしお・・・・・でしょうか。

津久井湖から向かう途中、いくつものBBQポイントや釣り場などを見ました。どこも人が一杯。「夏だなぁ〜♪」と人様を見て実感しました。それにしても、なかなか整備されている環境・・・やるな〜神奈川

放流前に陣取った場所の前に1人のおじさんが・・・。ゴルフおじさんに引き続き、今日2人目のナナハンおじさんでした(笑)。
我々の格好を見て
「バイクで来たの?」と。ルートの話から箱根を仲間と越えた時の話まで・・・(笑)。いやいや、バイク仲間ですな!(現役ライダーではないようですが)

雨にも降られず、無事に早めに帰って来ました。予定通りでしたよ。銀次郎も100キロ以上走らせましたし、また2週間後まで休憩です。次回はどうしようかぁ〜と、検討致します。