朝一の試練!そして天城、下田、箱根へ           2006年 7月 16日   
テントでの目覚めは5時半頃でした。桃隊長が異様に張り切っているように思えましたが(笑)。
何は無くともコーヒーですね。お湯を沸かして大自然の中でのモーニング・コーヒーです。さ、今日も1日走るぞ〜〜と気合いも入ります。天気もまずまず、良い感じです。
しか〜〜し!2日目に旅の試練が待っていたのですよ!!

<今回の走行距離 合計420.2km  平均燃費・・・約20km/l>


【第2日目】
コーヒーを飲み終えた我々は、またあの川原へ。。。桃隊長はこの時のために、昨晩セイフーでビーサンを購入したのです(笑)!
よほど水の感触が気に入ったのですね。ペンギンの様に気持ち良さそうに直立です。 見上げる空はこんな感じ。↓
中伊豆はワサビで有名。少し歩くとワサビ田がいっぱいあります。

下は、お気に入りの川原の手前から川原方向。

川原で気持ち良い空気をいっぱい吸い込んで、爽やかさ満点でテントに戻りました。勿論、萬城の滝のマイナスイオンもね。

これも昨日買っておいたカップ麺です。
何故か、2人とも「ちゃんぽん」系ですが(笑)。
この2つ、バカにできません! 気に入りました〜。

腹ごしらえが済めば出発です。
先ずは桃隊長のお薦めのゴビ砂漠?・・・いやいやコビサワラ原生林だそうで・・・。

萬城の滝から約3キロ。あっと言う間に到着です。でも、途中の道には十分注意が必要ですぞ。
ま、せっかくだし登ってみようか・・・と。
原生林入り口からず〜〜っと山を登ります〜(泣)。約30分です。
先導していた小虎は、鹿を発見!ラッキーでした。桃隊長は残念ながら見る事は出来ませんでした。ま、信州で見てるからね、いいでしょ。
かな〜り脚にきたところでやっと原生林の始まるポイントへ。もう、ヘトヘトなんですけどね、朝から。。。
登山前から桃隊長が話していた「ヒメシャラ」の木。これは珍しいですね、深緑の森(林)の中でオレンジ色に輝いて見える木です。
木によっては右のように迷彩パターンのもあります。この木を知らない人はこれを見るだけでも疲れる価値はあると思いますよ。
そして!原生林を歩く事20分・・・急に視界の広がるポイントを発見。すると、そこから・・・富士山だぁーーー!!!
思わぬご褒美で富士山を眺める事ができました。ここも素晴らしいポイントですね。原生林入り口まで周回してひと休み。そして下山です。
桃隊長が撮影してくれた小虎&銀次郎。
この角度からのショットは初です!かなり嬉しく、気に入った1枚です。

しかし、脚が疲れている小虎は無口で機嫌が悪いのですさすがにエンジニアブーツでの登山は厳しい。。。
登りに30分、原生林周回に30分、下山に30分で計1時間半です。

でもま、休憩とドリンク、トイレと言う事で・・・
またまた萬城の滝キャンプ場へ(笑)。

もう11時になってました。

キャンプ場からコビサワラ原生林入り口までの道は、狭いアスファルトとこのようなひび割れた状態の舗装路。
一部、溝が出来ているような箇所もあります。

要するに、ブラインドコーナーと凸凹って事ですわな。
慎重に走ります〜。

そしてお約束のコイツに再会です〜〜♪
銀次郎も一緒に撮ってみました。

我々は自販機で飲み物タイム&トイレタイム。

何となく仲良しに見えるコイツらです。

次の目的地は石川さゆり「天城越え」で超有名な「浄蓮の滝」でございます〜。しか〜〜し!観光地化し過ぎですな。。混雑。
駐車場に銀次郎を入れるもの大変なら、滝までの道のりが長い(泣)。
しかも、階段だし・・・もう小虎のご機嫌は最悪状態です。
釣り場があるんですね、滝の近くに。ニジマス、ヤマメを放流してるみたいです。
確かに見事な滝ではあります。
でも、親しみが持てないなぁ〜、萬城の滝の方が良いなぁ〜〜などと感じた次第です。

何しろ混雑が嫌なんで・・・(笑)。
さっさと撤収して次を目指しました。

次は写真で見て印象に残った天城旧道のトンネルです。

ここからは天城旧道であります。ハイカーの多い未舗装路ですから、ゆっくりとね。入り口はすぐ分かります。案内や注意の類いがいっぱいです。銀次郎の渋い低音サウンドでハイカーの皆さんが気付いてくれるので楽です〜♪
ご覧の通り、下の画像が天城トンネルです。
ひんやりとした空気です。昔の時間・・・文字通りタイムトンネルですな。

昔のトンネルですから幅は狭いです。3ナンバーのワンボックス対向ならかわすことは不可能でしょう。軽なら何とかなるかな〜くらいの幅です。ま、無理して入ってはいけませんね。

でも、半分位の人はクルマで通行してるんじゃないかな?
残りの皆さんは引き返してます。

小虎のご機嫌も少し上向いて来たので、下田の道の駅を目指す事にしました!! 勿論、「地金目の握り」がお目当てです!!

これも有名な「ループ橋」ですね! 一度は走ってみたいと思ってました。
外カーブは良いんですけど、帰りに走った内回りは油断できません。
突風混じりの風でひやっとしました。
やはり注意しないといけません。

ついでですが、天城トンネル(旧道)の下田方面への下り道、これは最悪に凄い路面です。土がえぐれてグランドキャニオンみたいになってます。
ゆ〜〜っくりと走りました(笑)。しかも路線バスがトンネル手前まで走るし・・・・・。

135号線に出ると海沿いコース。今回はのんびりめで走りました。途中、尾ケ崎ウイングで休憩。ここも景色良いですね。
そして、いよいよ到着!! 道の駅にある「魚どんや」「地金目」です。本日はうなぎも美味しかったです。地アジは売り切れ(泣)
ここではコレだけでも食べられれば良いのです。満腹になって幸せ〜な気分になりました。
満腹の後は暫く休憩です。もう、道は混雑し始めてます。渋滞にははまらないように2〜3時間のんびりしようか・・・と。
しかし、協議の結果、135号線をさらに南下し下田街道に入って天城経由で戻ろうか、と言う事になりました。
ならば、渋滞も回避できるのではないか・・・と。修善寺、三島を経由して1号線で箱根へ。
箱根新道を通って帰宅予定だったのですが、三島手前から1号線の渋滞、、、そして!!

ガァ〜〜〜〜ン!! 濃霧です(泣)。箱根新道ダメじゃん〜。

頂上付近のエコパーキングで休憩。
もう、この時点で走る事は諦めてました、2人とも(笑)
笑うしかないような状態です。時間は午後8時過ぎ。

ならば!管理人もいないこの場所・・・テントしかない!
近くには有り難い事にファミリーマートもあります。
宴会しかありません!

と言う事で買い出し。。。
ひっそりと目立たない場所にテントを設営し、ひっそりと宴会を。小虎は10時半に沈没〜♪


【こぼれ話】

ホントに疲れましたコビサワラ原生林。でも、富士山と鹿、ヒメシャラの木。疲れるだけの価値は十分にありましたね。
滝・・・今の所、萬城の滝が一番ですな!遊べるし(笑)。

ループ橋、なめてはいけません。突風注意です。天城旧道も下りは凄いですから、なめてはいけません。
大体、オンロードバイクで行く場所じゃないかも(笑)。

それにしても下田の魚どんや・・・入店までに40分ほど待ちましたか・・・でも、食べたいんだな、金目。

多少の渋滞は仕方ないとしても、箱根の山の濃霧・・・これには勝てません。それにしてもあの霧の中をバンバン走る走り屋グループ、凄いですね、もう脱帽。。。ただ、駐車場でバカ騒ぎするのはやめて欲しいものです。声がでかい、エンジンうるさい、数が多い、次から次へ・・・ですから。小虎は午前3時前から起きてました(泣)。

ま、次はおまけのページですかね?