富士ブルースカイヘブンに向けて        2006年 5月 21日& 6月 4日   
富士ブルースカイヘブン」という催しがあります。今年は6月10日〜11日に開催されるんですが、これ、ハーレー・ダビッドソン・ジャパンの最大級の主催ミーティングらしいです。内容も盛り沢山のようですが、我々もオーナーの端くれとして参加してみたい訳ですよ! もう既にチケットは入手してありますから、行くだけなんですけどね。今年は何だか天気が悪いでしょ? 特に土曜や日曜に雨が降ります。。。なので、心配なのはお天気だけ・・・ですかね??? ん!?一泊二日でございます・・・キャンピングではないですかー!

桃隊長はアウトドアに詳しい人です。小虎はほとんどダメです(泣)。なので、準備から実施までのコーディネートは桃隊長にお任せなのです〜。ま、テントと寝袋くらいはすぐ頭に浮かびます。後は食事をどうするかで持ち物が変わりますね。会場には色々なフード・ブースがありそうですが、何となく自炊風にしたいものだと言うことになりました。鍋釜までは必要ないでしょうけど・・・。簡単な食事とコーヒーは飲みたいのです。それで準備な訳ですが・・・。。。

銀次郎で行く訳ですよ。基本的には銀次郎です(豪雨なんて場合にはクルマでしょうが)! 考えたら荷物なんぞ積める訳がありません。現在の仕様ではロングツーリング(キャンプ)は不可能です。そこで! 以前からVIVESなんかで見ていたハーレーの過積載とも言える旅姿を想像しました。これ、憧れの姿です♪ 桃隊長はどう思うか・・・分かりませんが、小虎には憧れでした(泣)。必要最低限で構わないので、積もう〜♪・・・と。

そこで、キャリアの大型化が絶対条件になる訳ですね。土台がしっかりしてないと山積みできません!! なので、先ずはキャリアづくりです。これはおおよそのイメージがありましたから、ホームセンターへ。取り付け方法にもアイデアがありましたからオッケー。細々したモノはディスカウンターで揃うだろうと。専門ショップでしか購入できなかったのはテントのペグだけ?かな。ま、そんなことで材料を買い揃えて組んでみた訳です。

<2日間の走行距離・・・ 約100キロ >


【銀次郎の旅姿(準備〜完成まで)
大体、左のようなモノを最初に揃えました
組み立て式のラックの天板は、桃隊長の発案です。
小虎はスチールの棒とボルト&ナットで組もうかと考えておりましたが、こっちの方が数段楽チンですね♪ 

このラック天板を銀次郎の小型キャリアに結び付けるのに、滑り止めのシートを緩衝材としてかませます。それを合わせて固定するのが結束バンドです。

荷物をとめるのはゴムバンドね。古チューブを再利用しているやつです。

ブラスチックコンテナ・・・これが無いとねっ!!

数年ぶりの使用ということで、桃隊長はテントを洗っておりました。乾かすにはこれが一番ということで設営でございます。

桃隊長自慢のMOSSとかで・・・私はモスバーガーかと・・・スマン。

準備も苦にせず楽しそうな桃隊長。

ジャーン!!
こんな感じですね。銀次郎の旅姿
テスト的に積んでみたコンテナですが、なかなかでは
ありませんか〜(嬉)!

本番ではもっと荷物が増えます。

どど〜〜んと

ラックの天板は40センチ幅のモノ。結束バンドでがっちり固定。 コンテナにシールを貼りたいですね、何か寂しいですから。 工具バッグはフロントへ移動です。ちょっとたくましい面構えになりましたね。
こうなっております〜♪

純正シーシーバー&キャリアのキャリアに既製品のラックの天板をくっ付けただけなんです。

クロームを傷つけたくないので、緩衝材として滑り止めのシートをかませて強力なガムテで仮止め。そこを上から結束バンドで固定。

結束バンドは便利ものですね。(切れなければ)
前後左右にズレません。最高の仕上がりと自画自賛でありますっ!

この天板の四隅にはポールを差し込む穴がありますが、桃隊長はここに旗を立てたい・・と。

確かに旗を立てるには良い穴だと!(笑)


【こぼれ話】

ハーレー、旅、キャンピング
・・・・・これは我々の憧れと言うか、是非やってみたいことでした。
特に自由がどうのこうの等とは言いませんが、気ままに楽しい旅になるように思えます。六角橋の某ディーラーの皆さんとチャプターの皆さんは東名の海老名SAで集合らしいですが、お誘いを受けたものの小虎は団体行動が苦手ゆえ、246号をのんびりと南下する予定です。昨年のスーパーアメリカンフェスに行った事のある富士スピードウェイですから迷う事はないでしょう。

テントを張る場所のポイントも聞きましたし・・・。某ディーラーがBBQでお迎えしてくれるそうですから、楽しみです〜♪ VIVES・・・そうですね、あのいかつさやむさ苦しいほどのソレ系の風貌でもありませんし、何しろ銀次郎がカスタム系ではありませんから、H-Dジャパン主催のミーティングから始めるのが我々にはちょうど良いでしょう。
いずれにせよ、楽しみです。

コンテナを積んで走りました。全く問題なし!!さすが結束バンド、偉大です。これを発明した人に敬意を表します。
ちょっとした買い物に便利(笑)。これがあれば別の楽しみ方がありそうに思えますね。桃隊長もお気に入りです。
但し、いつもの本牧やみなとみらい付近を流すにはちょっと勇気がいりそうですけど(笑)。
 
「今年は1万人位かなぁ〜。特に土曜日はね。」とは六角橋の某ディーラーのI氏の推測。テントを張っても、近所のホテルや宿泊施設に泊まる人は多いのだそうです。
勿体ない・・・と思うのですけどね。要は、シャワーも風呂も無い所で寝泊まりできない人が多いのだそうです。何でも若い人に多いとか。自炊もそうだそうです。年輩の人の方があれこれ自分達でやって楽しんでるらしいです。キャンプ・・・中学生の時以来ですな、小虎は(笑)。

もう一つ仕入れた話ですが・・・警察(神奈川県警だけなのかな?)がマフラーの音量測定を実施するとか。
ホントかどうか分かりませんが、マフラー交換にみえるオーナーが相次いでいるとの事です。銀次郎はノーマルですからね、安心! でも許容量一杯の96dbではあります。最近のビッグスクーターに多く見られるバカデカイ音にはうんざりしてたので、私は賛成です。やっぱり883にして良かったかも!!音、気に入ってますから。