銀次郎、6ヶ月点検〜 今回も異常なしっ!    2006年 5月 14日   
前回の「ツーリング」とはがらっと変わり、銀次郎の6ヶ月点検の地味な話題です。
腕を痛めた桃隊長も参加し、にぎにぎしく洗車からスタートでございます。朝、9時頃からスタートですが、あいにくのでありました(泣)。
しかし! 六角橋のディーラーに入庫するにあたって、汚れたままではオーナーとしての立場がございません。
かねてからの予定通り、洗車にチャレンジです〜(笑)。 何しろ洗車してなかったもんねぇ〜。。。

水洗いですから、水が必要です。洗剤も必要です。ブラシも必要です。あ、バケツも必要ですな。ウェスの代わりも、汚れて良い雑巾も必要です。ま、最低限こんなモノが必要な訳ですね。ところが、洗車していなかったんですから、基本的にほとんどのモノがありません。スミマセン! なので、前日のうちに某有名100円ショップへ行ってみました。

ちゃんと、クルマの洗車コーナーがあるんですね! 便利ではありませんか!! 洗剤、ウェス代わりの不織布(2枚組)。ホイール用の洗剤、バケツ、そして便器の清掃用を思われる便利なブラシ2本を購入致しました。このブラシ、先端にも死角がありません!磨き残しなし・・・みたいな頼れるやつです。そんなこんなで洗車をば・・・。

桃隊長はさずがに教習中の身ですから、HONDAのCB400に乗ってます。基本的には銀次郎と同じでもその大きさやワイヤー類の感じ、パーツの素材や形などの違いが勉強になるようです。磨きにくい場所を懇切丁寧に磨いておりまして、小虎がすぐに飽きてしまうホイール周りなどは桃隊長がやってくれました。さすが! 隊長ですっ(嬉)。

リアのホイールはなかなか手が届きにくい嫌ぁ〜な場所なんですが、桃隊長は愚痴もこぼさずせっせと。。久しぶりにアルミ色のリアホイールを見る事が出来た訳です。独特の白と黒とアルミにクローム。色はこんなもんですが、やっぱりきれいです。
納車時とまではいきませんが、あの特殊なパールの「白」が際立っております。光線の具合で青味がかって見えたり、それにピンクが加わったり、仕上げの丁寧な釣り用のルアーのような光沢があるのですよ。ん〜〜、美しい!

洗車が完了し、六角橋のディーラーに電話。「え? 予約してません〜」と桃隊長。そうです!原則的には予約が必要だったのですよ〜。しかし、何とか空いている時間に突っ込んで頂きました。小休止の後でいつものコースを男前になった銀次郎と、六角橋へ・・・。

メカニックの方々ともいろんな話をし、ちゃんと点検をしてもらいましたよ。我々がK店長と雑談の間にメカニックの試運転でフィニッシュ。「問題はありませんね」との事で安心致しました。ま、問題が生じないようにと、できるだけ丁寧な操作を心掛けておりますので、問題があればまだまだ保証期間のうちですしメーカーの問題かな?とも思います。

その後はオイル類を交換した上機嫌の銀次郎と本牧コースの散歩です。帰り道に、以前から気になっていた中華屋さんに入ってみましたよ。名前は「家」が付くんですが、実は無関係ですな。。。でもね、なかなかメニューによっては良いかも知れません。
継続で調査?と言ったところです(笑)。

<本日の走行距離・・・ 約40キロ > 点検時間 1時間半


【初洗車風景】
が降って、洗車にはお誂え向きの朝です(?)。

桃隊長は気になっていたリアホイール周りの洗車に余念がありません。しかも、勉強しながらの洗車です。
素晴らし過ぎますっ!!

桃隊長の左腕は捻挫(と診断されました)のため、自由がききません〜(泣)。
それでも根気良く銀次郎をきれいにしております。

この頃には小虎は洗車に飽きてデジカメ持ってプラプラしている訳です。。。タバコ吸ったり。。。

青いのが今回大活躍した100円ショップのホイール用の洗剤です。ま、他の製品と比較していないので、詳細は不明ですが、十分でした〜♪  
小虎の洗い残しを次々と発見してはせっせときれいにする桃隊長であります。スマン!!
狭い所にもしっかり入り込んで働くブラシです!
このブラシと桃隊長の技が一つになると効果倍増な訳でございます。

フロントも見えない所は結構汚れがたまってますね。

リア・ブレーキを多用するH-Dですが、非常時の急停車と信号待ち、信号手前ではフロントも使います。なので、やはり汚れます。。。

そして、男前になった銀次郎。

この後、6ヶ月点検も受けて走りも軽やかでした。

雨で出かけられない日には洗車も良いね・・・と、
そう思える日でした。

乗り始めて6ヶ月、走行距離3100キロ。
まだまだ序の口の銀次郎でございます。


【こぼれ話】

洗車・・・銀次郎は半年行っておりません
。しか〜し!桃隊長の愛車(クルマ)はいまだに一度も洗車した事がありません!! 2年目でしょうかね? 雨が降ると「
自然に洗車できて良いね〜♪」などと喜んでいる2人でございますから、そんなもんです(笑)。 でも、うまい具合に他人様が洗車してくれたり、身内の方がワックスがけしてくれたりと超ラッキーな桃隊長です。 決して自分の手は汚さない・・・そんな暗黒社会の掟のような・・・(スマン)。

さて、洗車の当日はご近所で住民主催の住民参加型(当たり前ですが)イベントが催されておりました。そのため、イベント役員の方々や住民の方々が行き来しておりました。小虎がバケツに水を汲んでいると桃隊長と老人の話し声が。。
そのご老人、イベントの役員の方でしたが「ハーレーに乗る人は、みな無茶しないでちゃんと走るね」と。きっと、どっかのチャプターのツーリング風景か年輩の模範的なライダーの走行をご覧になったのでしょう。このような印象を持つ人もいるのだなぁ〜と。やっぱり「どこかで誰かに見られている」のです。我々も、模範とまでは行かないまでも見苦しく無い運転、不快感を与えない運転に心掛けないと・・・そう肝に命じた訳です。

六角橋のいつものディーラーですが、行く度に新発見や新事実(そんなに大袈裟な事ではありませんが)があります。
今回の「メカニックの世界」に関しては感心しきりです。中途採用でH-Dの世界に飛び込む人って多いのですな〜。転職組みのチーフに楽しい話を聞きました。アメリカ本国のH-Dの教育を受けているんですね。パンフなどで知ってましたが、身近なところでいらっしゃると安心です。今回はエンジン・オイルの他プライマリー・オイルも交換。「クラッチ・レバーは遠くないですか?」とは別のメカニックさんの言葉。実際に走行してもらって「異常はありません」の後の話ですが、小虎にはちょうど良い感じなので「問題ないですよ」と。乗り手も様々ですからね、体格も違えば好みも違います。H-Dには元々カスタムって概念が非常に強いようですが、契約する前に何度かショップを訪ねた時にも「お客さんに合わせた状態にして初めて納車できるんですよ」と言う話がありました。ハンドル、レバー、その他諸々の調整や交換(パーツを変えれば費用はかかりますが)今までに経験のないほど細やかであります。

全てのライダーが、このような行き届いたサービスのもとで自分にピッタリの1台を選べ、そして楽しく安全なライダー生活が送れる事を祈ります。 この日の夜のニュースで、「大型バイクの乗ったライダー」が交差点で右折してきたワンボックス・カーと衝突して亡くなった、と放送されておりました。どっかで知らず知らずのうちにすれ違ったかも知れないライダーの死は残念です。御冥福を祈ると共に、やはり気を付けて走ろうと・・・そう思うのです。