グランマルシェ!?・・・カレー???  2006年 3月 18日   
今年最初のハーレー・イベントですね。案内状が来てました。「グランマルシェ」・・・何だかレトルトカレーにこんな名前の商品があったように思いましたが。何だろうと思えば、ウエアやらパーツやらのお買得品が並ぶバザーのようなものみたいで・・・。H-Dではウインド・シールドの体験コーナーやクイズコーナー、カスタムバイクの展示やらウエアのファッションショーがあるようでして、ま、行ってみようということになりました。東京と神奈川のディーラーが出店しているんですね。

当然、六角橋のお世話になっているディーラーも出店しておりました。他にも銀次郎を購入するまでに回ったお店の名前も並んでおりました。六角橋でご挨拶。「あら〜〜!可愛い〜〜〜っ!!!」とウエア・小物販売ご担当のお姉様の声。そうです!桃隊長が購入したあの革ジャンを見ての第一声でした(笑)。我々を担当してくれているI氏の姿がなかったので、会場をぐるぐる回ろうかと歩き始めて間もなく、どこから現れたのかI氏が目の前に。「どうですか!随分走りましたか?」が挨拶(笑)。「いえいえ、まだ2050キロですよ〜」と。「じゃ、もう随分慣れたでしょ?」「そうですね!」そんな会話。いつものパターンではあるんですがね(笑)。すると、くるっと桃隊長の方を向いて「免許とりましょうよ!!」と。
「取れるうちに取っておいた方が良いですよ」とも。毎回、熱心に隊長に免許取得をすすめてくれます。では、後ほど・・・みたいな感じで会場巡り。

カスタムをしげしげと眺め、跨がり、会場入り口付近の駐輪場をしげしげと眺め、テント仕立ての各ブースを見て・・・すると!「こんにちは!」と聞き覚えのある若い元気な声。「お〜!!久しぶり」U社のT君でした。U社も神奈川と都内に店鋪をいくつも構えてます。桃隊長と中古のスポーツスターを見に行ったのが近所のお店。そこで応対してくれたのが新入社員だったT君です。質問をすると、分からない事は先輩に聞きに走り精一杯の仕事ぶりに好感が持てるナイスガイなのです。しか〜〜し! 我々はT君からではなくI氏から銀次郎を購入したのですな。

あ〜〜っ!ハーレー買われたんですかっ!?」・・・私のヘルメットに貼ってあるHOGのシールを目敏く発見したのであります。「そう。XL883Lをね」と私。すると・・・「え〜〜」とガックシするT君。(桃隊長によると腰から砕けるような脱力ガックシだったとの事です) そのHOGシールは君の会社のお店で買ったんよ、T君。でもあのガックシを見ると・・・。そうか!ではワッペンを1枚。と言う事で、桃隊長にワッペンを1枚購入(笑)。大丈夫だよ、縁はあるのだからもっと深く長い付き合いになるさ。

会場から本牧へ。MOONで食事をして本牧山手エリアから流して帰ってきた訳です。ブログにも書きましたので、この辺で。                                    
< 走行距離・・・ご近所巡りの45キロ >


我々は前回発見した無料駐輪場へ。会場入り口付近にも駐輪場が設けられておりました。当然、カスタムの品評会状態
車種もいろいろ、カスタム具合もいろいろ。ここで待ち合わせの方々も多かったようです。前の通りはハーレーの音だらけ(笑)。
赤レンガの前のトラック。カラフルでアメリカって感じが溢れているじゃありませんか! お子様も退屈しないようにアミューズメント要素も。
ゲームというか、クイズ大会をやってました。

かなり「ペア・ライド」を意識したクイズがあったりして、中高年向け・リターンライダー向けの訴求ってのがくっきりしてました・・・よ。

カスタムはカッコイイんですよ。どれもこれも。溜息モノでございます。ま、純正ですけどね。
スポスタ乗りの我々としては、やはり気になります!
これも綺麗なスポスタでした。当日の1番ですね。

画像では全てをお伝えできませんが、実車をどこかで見る機会が
あったらじっくりと見て下さい。溜息を超えてます〜。

一方、小虎が好きなナイトロッドのカスタム。
ハーレーっぽくなくて人気がないんでしょうが、乗車姿勢では一番しっくりくるモデルなんですよ、これ。ある意味ではスポスタよりも単車っぽい感じがします。ナイスフィーリングって感じでしょうか。
そして、穴が開くほど眺め倒す桃隊長。何を想うやら・・・。
そして我慢できずに隊長も・・・。

軽く起こしてみようとしたら「重い!」と。
いやいや、重心が低くて銀次郎より軽く感じると思うのですけど。

しかし、これ位のサイズ(見た目の)なら女性にも大丈夫じゃないでしょうかね? 最近多く見かけるドカよりも女性向きだと確信しておりますが。

こ〜んな事をして浮れた後に、T君のガックシ姿となるのでした・・・。
合掌。。。

【MOON これがお薦めメニューです!】 テリヤキ・プレート

左がテリヤキ・チキン・プレート(大盛ですな)、右がテリヤキ・ポーク・プレート(普通サイズ)
何度行ってもこれを頼んでしまうという病み付きメニュー。


【こぼれ話】

U社のT君、ホントに良いやつなんですよ。いつも一生懸命でね。そう言えばね、最近、トライクも将来的に欲しいなぁ〜なんて考えているんですが、なんと!U社は代理店じゃないの!このグランマルシェの翌日、クルマでU社のお店に出向きました。
あるある!!あんまり気にならなかったんで記憶になかったんですけど、トライクとサイドカーが並んでました。3タイプですね、おおまかに言えば。六角橋にもあるんですよ、お客さんの預かり車両が。でも、人様の大事なモノですから跨がったりはできません。U社の店鋪であればあれこれ実際に触れる(乗れる)ので、参考になります。

ひょっとすると、T君!! そのうちトライクで世話になるやも知れないよん!! ひょっとしたらね(笑)。

トライク同様に気になっているのがアメ車です。CKB(クレージーケンバンド)の曲の中にアメ車が多く登場します。私、小虎は興味だけは持っていたので少しはわかりますが、桃隊長には分からない事が一杯です。なので、アメ車のお店も回ったりしております。4月はMOON主催のイベントが開かれます。これにも銀次郎で参加したいと考えておりますよ! 20年近く前に憧れたアメ車熱は、H-Dの銀次郎の鼓動で蘇りました。国産が・・・新しいモノが安心!なんて事はあんまり考えなくて良いのかも知れません。頭を固くしないで、「気持ちに任せる」ってのも良いのかも知れませんね。そう感じます。