やっぱ暖かいのは千葉でしょ!?・・・山、花、海だ。 2006年 3月 5日   
富津岬以来千葉遠征を敢行しました。 何故、千葉かと言うと寒いのはイヤだからです(笑)。我々には「伊豆の教訓」がありますからね。朝早く出発して、のんびり走って、早い時間に帰宅しょましょう!と言うのが今回のツーリングです。 

見所は・・・海と花ですね、やはり。小虎は予備知識ゼロの状態ですから、またまた桃隊長の経験&知識にお任せです。おおよそのルートを決めで出発ですが、今回はお台場までトンネル作戦を(東京湾臨海道路を通行)。少しでも都内の混む道から逃れようという作戦ですが、これ大成功です。埋め立て地をするするっと走るとすぐにお台場で信号の少なさがグッド! そして千葉までするするっと快適運転。あまりに快適であったため、我々の休憩地である葛西臨海公園をスッ飛ばしてしまいました。いつもながら、なかなかの高速巡行?が可能な道なのでついつい気合いが入ってしまいます〜。しかーし!今回は意外な所かなり使えるローソンを発見。今後の心強い味方となってくれるでしょう。        

前回の富津ツーリングで行った久留里を経由して山越えで鴨川へ。このルートも最高でしたよ、クルマは少ないし信号は少ないし、数十分ノンストップで田園地帯を走っていられました。千葉鴨川線ですね、最高。鴨川の手前でいきなり有料道路(鴨川道路でしょうか?)に入ってしまいますが、150円なら大満足です。道も整備されてるし。道の駅もあるし、寄り道しながら走るのに良いコースです。ダム湖もあったりしますから、紅葉の季節は混雑するのかも。

鴨川へ出たら欲張りしないで館山方面へ。フラワーロードで銀次郎にきれいな花畑を見せてやろうと思いましたが、小規模な畑しか幹線道路沿いにはないようで・・・。しかし、桃隊長が渾身の1枚を撮影。これがトップページの画像です。天気にも恵まれ気分的にもプレッシャーがかからず、よってストレスのないツーリングです。途中ツーリングの方々を多く見かけましたよ、さすがに。館山付近で食事を取り、金谷からフェリー久里浜までさらにのんびり。覚悟していた渋滞もなく本牧へ。MOONで買い物をして無事に帰宅。

時期は未定ですが、往復フェリーを使って。九十九里の方まで足を伸ばす作戦を検討中です。 暖かいと身体も楽ですね。リラックスできると安全な運転にもつながります。しみじみとそう感じさせられました。ビバ!チバ!!                                      
< 走行距離・・・快適のんびりの264キロ >


【お役立ちローソン】
葛西臨海公園をスッ飛ばした後に出現したローソン
広い駐車スペースには「2時間まで駐車無料」と。

コイン式の洗車場も隣接。疲れたら寄って仮眠なんて事もクルマなら可能ですね。買い物や駐車、トイレ、全ての要素がありますから心強いです。

いきなり千葉の画像ですが・・・
ダム湖の風景。道の反対側には道の駅(ふれあいパークきみつ?)があります。多くのライダーが立ち寄ってました。こっち側には売店などの施設が少ないのでガラガラ。でも、のんびりと休憩できます〜。画像はダム湖の眺めですけど・・・。
トイレの横に親切な案内板がありました。
分かり易い表示で、好感度大

しかし、案内板を見ると「養老渓谷こけ事件」が脳裏に浮かびます(泣)。

こちらはダムの記念館だそうで・・・。中には入りませんでしたが、きっとダムや地域に関する資料があるんでしょう(当然か・・・)。

不確かですが、亀山ダムかな???

ついつい走る事と見る事と食べる事に一生懸命になってしまい、記録がおろそかです。毎度の事ながらスマン!

以下は鴨川から海岸線に沿って館山方面へ向かう途中で見つけた海岸です。思わず停車の風景でした。和歌山の南紀を思わせる岩の自然芸術。
澄んだ水、のんびりしたくなるポイントです。桃隊長は今夜のおかず探し・・・? 発見できたのはやどかりだけだったようです(笑)。
今回の大テーマでもあった花と銀次郎です(笑)。

少し花畑は狭いですけどね。ま、菜の花が春気分を醸し出しております。
最高傑作画像はTOPページにおいてあります。

この画像からも天気の良さ(暖かさ)が伝わると思います。

金谷港が近付いたので、食事をば!地物の魚を食すると言う事で、なかなか繁盛していたお店「京や」さんへ。

ただ、事前に調べはしたのですが、人気の店には行列しないといけなかったようなんで、役には立たず(泣)。でも、行き当たりばったりの旅も面白いので・・・ね!

食べたのは「地魚刺身と野菜のてんぷら定食(1100円)」なり。

ご飯の美味しさと、特筆ものの味噌汁! この味噌汁、海老がらを使ってますね、間違いない!!

「この店は有名なんだよ〜」と言いながら入店する若者のグループあり。

金谷のフェリー乗り場にて。狙った通りの船に乗船できました!少し遅かったら次の便だったようです。乗船待ちのバイクもいろいろであります。途中2回ほど前後の入れ替わったブルー&レッドのドカも一緒でした。
初めてのフェリーなので銀次郎は緊張の面持ちであります。

しっかりとタイ・ベルトで固定され車輪止めもありますね。
係員の手際の良い事。感心しました。

海が少し荒れてたので心配でしたが大丈夫! さすがですね。

進行方向とは逆向きだったので、船を降りる時には船内でUターンです。
クルマが先で、我々は最後の方。

船窓から見た金谷方面とすぐ近くを航行するコンテナ船。他にも船が多く、「ぶつかるんじゃないの〜」とか「あの船沈みそうだよね」などとワイワイ騒ぐ人多し。

【こぼれ話】

最初は、「ライダーたるものフェリーとは何事ぞ!」・・・と思ってましたが、はっきり言ってです。スミマセンでした!
私(小虎)が間違っておりました。もう、フェリーが病み付きになりそうです〜♪ 時間が有効に使えますね、そして疲れが軽減できます。渋滞のストレスも今回は全くありませんでした(巡り合わせが良かっただけかも知れませんが)。その上暖かい事もあったのでしょう、肩の凝りや腰痛なんぞも起こりません(笑)。ホントに快適なツーリングだったと思います。

途中、多少の渋滞(信号渋滞ですが)があり、十分なスペースがある所に限っては車列の左側をするすると抜けました。すると、バイクが溜まるスペースはやはり決まるもので、何台もが集まってしまいます。思わず笑ったのは、するすると先に行って停車したのがどっかのツーリング団体の最後尾で、ビューエル軍団に混じったこと。これ、結構可笑しいですよ! また、H-Dとの並走もなかなか面白いです。不思議と寄って来るものですね、ま、こっちが寄って行く場合もありますが(笑)。お互いに微妙に意識したりします。ふむふむ・・・と横目で見てたりね。会話を交わす事はまだありませんが、肌で感じるものです。 今回はFXEF(多分)のレーダー探知機装着車と少しの間一緒でした。 レーダー探知機欲しいなぁ〜! 銀次郎のハンドルにはステーか何かを細工しないと付かないだろうし、そうすると不細工になってしまうのかも・・・ならば!私のヘルメットのてっぺんに付ければ良いのでは??? バッテリーの問題が何とかなればそれでも良いなぁ〜。(本気です!)

毎回見かけるのが女性ライダー(別に珍しくはないんですけどね)。ただ、ドカ乗りの女性って多いですね。乗り易いんでしょうか?ビューエル乗りにも女性っていますしね。BMWなんて見た事ないんですけど。。。あのサイズなのかなぁ〜。車体、特に長さが短かめで取り回しが楽って事ですかね?チャンスがあったら試乗してみたいと思います。もうすぐ、H-Dの試乗会やら大きなイベントやらがありますしね。楽しみにしております。