ひと通り、横浜・本牧コース  2005年12月25日   
気が付けば、慣らしの第二段階800キロも前回の荒行によって、知らないうちに達成されてしまいました(笑)。この荒行から、我々は「寒さ」をあまり感じなくなっております。案外、良かったかも。 ま、そんな事はさておき、今日はクリスマスなんですが、あまり時間もないことと今まで(特に最初の頃)の画像が全く無いのが気になるので、いつものコースを撮影してこようと相成りました。

六角橋を通り、横浜駅前を通り、みなとみらい21付近をブラッとし、中華街を横目に見ながら本牧へ流れる・・・そんな鉄馬散歩コースであります。しかし、予定は未定の散歩ですから、途中でコースは変更になるかも知れません。
桃隊長が敬愛するCKBの剣さんが「本牧ライフスタイル」(DVD)の中で、曲づくり(歌詞の内容)に関する事や彼と仲間の音楽活動の歴史、本牧についての話を聞かせてくれる訳ですが、その話の中で紹介される数々のポイントも同時に回ろうか、と。 これは以前、クルマで探しながら回った懐かしい場所でもあります。1箇所探し当てる度に「
うぉ〜!(嬉)」みたいな。そんな、そう、CKBファンの皆さんにとっても馴染みのある「聖地」なのかも知れません。                                  

< 走行距離・・・ぬる〜く約50キロ>
                                                


知ってる人が見たらすぐに分かってしまうMオート販売。この会社の店鋪ってすごく多いですね、横浜エリアでは。最初、そんなにデカい(規模が)とは知りませんでしたが・・・。今日もハーレーが並んでます。

このサイトを見ていらっしゃる方には何となく雰囲気が伝わるのではないかと思いますが、せっかちな人、約束にこだわる人にはキツイお店かも(笑)。お陰さまで私もこんなに悠然?と物事を考えられるようになりました。
銀次郎は契約から1ヶ月半を過ぎても完成しておりません〜♪ 
まず、こんな事は私の人生において無かったことでしょう。

しか〜し! Mオート販売なら許せてしまいます。
これが彼等のもつ
不思議な魅力なのでしょうか?

今回も最後に立ち寄りました。残りのパーツの入荷状況について・・・(笑)。

横浜 BLITZですな。04〜05のカウントダウンライブにも来ました。あの時は整理番号がかなり後ろの方でしたが、非常に楽しかったです。
東洋一のサウンドマシーンですからね、CKB

今年の年末も参加します。

パシフィコ横浜ですね。
ここでもハーレーの催しがありますな。今ではクールブレーカーなのかな、最もエキサイティングな催しは。

我々は、偶然に3年前くらいでしょうか・・・展示会に紛れ込んだ事があります(笑)。新車・中古車ともあり、商談会も行われてました。
初めてハーレーのバイクに跨がったのもここじゃないかなぁ〜。
(記憶が朧げですが・・・)

赤レンガ倉庫も押さえておかないといけない・・・と言う事で、倉庫前の広場を目指していると、、、何やらデカい船が。

「ふじ丸」だそうです。綺麗だったんで、撮影。いつも停泊ということではなさそうですから(今まで見てないし)、ラッキーだったかも。

更に驚く発見があったのですけどね。


アップ
桃隊長の「あそこにね・・・」と教わった建物の上の方に・・・。ちょっと加工してますが、なるほど!羽根のある女神らしき像が港横浜を守っておられました!

インターコンチネンタルホテルです〜。
そうそう! この赤レンガへ行く手前に二輪の無料駐輪場がありました。有り難い事です!
しかし、駐車の仕方によっては奥のバイクが出られなくなるような並べ方だったので、思案しておりました。結局、左画像の位置ではなく、別の場所に駐車したんですが。

その際、向こう側に見える青のトライアンフの男性も一緒に思案して下さいまして、良い人だなぁ〜と思った訳です。

そんな訳で銀次郎を駐車して赤レンガ倉庫方面へ歩いて行くと・・・。桃隊長が目敏く発見した「あすか」です。
普段は世界一周なんて事をやってる豪華客船ですよね。
ちょうど、横浜に寄港中でした。

大きいです。大桟橋に長蛇の人、内部公開か何かだったんでしょうかね。

赤レンガ倉庫の港側から眺める「みなとみらい」地区。

お馴染みの大観覧車も見えます。
いつも横を通る時に大観覧車の時計を見る事にしてます〜。
これ、重宝ですな!

海上保安庁の「しきしま」。
すぐ隣には北朝鮮の工作船が展示されております。あの事件の海底から引き揚げられた
極悪の船ですな。事件の際に撮影された銃撃戦の様子が放映されています。テレビのニュース番組で紹介されたものですが、臨場感が違います! 大勢の人が見入ってました。
「あすか」の舳先の遠く向こうにはベイ・ブリッジが見えます。

こう揃っていると、なかなか楽しめる場所ではありませんか!? 何回か来ていますが、これほど見どころ満載状態なのは初めてでした。

そして、目的の「赤レンガ倉庫」ですね。
何枚も撮影した中の1枚です。

この中に「モーション・ブルー」(ライブハウス)もありますね。

【こぼれ話】

トライアンフ乗りの方が親切だったのは、「英国車乗りの紳士」ということでしょう。英国車に乗る人も割とそんな感じがしませんか? ジャガーやMG、ミニ・・・マニアックな方向に走る方々も当然多いのですが、無茶な運転などしない人が多いように思います。ファッションなんかもそれ風に決めてる人達、何となく多いような。

フランス車やイタリア車なんかになると更にこだわった方が多いように思いますね。
欧州のテイストも含めてモーターライフを楽しんでいらっしゃるのかも。

ま、小虎が一番苦手なのがドイツ車でございますが・・・・・クルマですよ。BMWのバイク乗りの方々も洗練された方が多いように思います。 
クルマはちょっとね・・・。ま、独断プラス偏見ですけどね。
ドイツ車にお乗りの貴方、、、貴方の事ではありませんよ、きっと。

我々のサイトには「Mオート販売」社が頻繁に登場します。日頃、お世話になっております。内容的には決してクレームめいた事を書いている訳ではありませんし、むしろ微笑ましく思うのです。その何とも言えず・・・あ〜、書けないけど(笑)

前回、三浦半島で海水を浴びた帰り道に寄った時、我々の担当をして下さっているIさんとの会話。
Iさん・・・・・「もう何キロくらい走りました?」
小虎・・・・・「450キロほどです」
Iさん・・・・・「お、なかなか走ってますねぇ〜。最初のうちに走られた方が良いですよ、機械ですから、パーツとパーツの噛み合わせなんかもしっかり動かしてやった方が、後々良いバイクになりますし。あんまり乗られない方だと、そのへんの状況が分からないうちにメーカーの保証期間が過ぎたりしますから、初期のトラブルなんかは仮に出るものであれば出した方が良いと思います。」
小虎・・・・・「なるほど、確かにそうですよね♪」

その後、Iさんはいろんなツーリングの楽しみ方であるとか、それはもう幅広く極意を伝授して下さったのです。
3人でテーブルを囲んで、タバコなんかくゆらせて。。。

さて、我々が伊豆半島で地獄を見たのはこの翌日でした。1週あけて25日にIさんに会いにお店に寄りました。
我々も忘れてましたが、伊豆半島で迷走していたおかげで、距離は900キロほどになっておりました。

Iさん・・・・・「1ヶ月点検がそろそろなんですが、何キロくらい走りました?」
小虎・・・・・「900キロちょっとです♪」
Iさん・・・・・「、、、もう、そんなに走っちゃいました?・・・・・」
小虎・・・・・「良い感じでしょ???」

ここから、Iさん少し焦ってました。初回点検は「1ヶ月か1000キロ」だと思いましたが、Iさんの言葉と表情からは、「お願いだから、初回点検が無事済むまではもう走らないで〜〜」みたいな雰囲気が感じ取れました。
これはH-D社の規定なりなんなりが当然あるんでしょうね。あんまり走る奴には保証なんかしてやんないよ〜ってなのがね。あんまりIさんを困らせてもいけないので、「大丈夫ですよ、年内はもう走らないし。1月の最初の休日に入庫させるようにしますから」と答えました。 Iさん、ちょっと安堵の笑顔

でも、考えたら大晦日のカウントダウンライブ(当然、CKBね)、これ昨年は電車で行って大変な目に遭いましたから、今年はクルマか銀次郎で行こうかなと隊長と話しております。ま、銀次郎で行っても、1000キロには届かないでしょう〜♪
これくらいなら大丈夫ですよね? 迷走しない限りは・・・。