強風、凍結、これは荒行か!?  2005年12月18日   
三崎で念願のマグロを食べ、シーシーバーもご機嫌な状態で伊豆半島を目指そうとなりました。
ま、どこまで行けるかは分かりませんが、桃隊長は地理に明るい事ですし。ナビは隊長です。環状2号を使って半島へ。小田原までは国道1号線、その後は
135号を使います。しかし、寒い!
寒いとトイレに行く回数が増えてしまう訳ですが、街道沿いのコンビニは有り難い! ショッピングセンターやカー用品店も有り難いんですが、時間によっては開店前だったりしますから、最強なのはコンビニでしょう。小田原までに2回ほどトイレ停車(笑)。朝日に輝く銀次郎を眺めては「ん〜、良いね!」を連発。
完全に親ばか状態となっております。ま、走る事以外にも喜べるのですから、有り難い事であります。

ツーリング・ライダーも多く、 中にはビッグ・ツインもその排気音を轟かせながら走って行きます。
集団もソロも各々が、ツーリング・シーズンの終わりをじっくりと楽しんでいるようです。

第一目的地は熱海」で決定。ワインディングも楽々でこなし、軽快そのものです。
登りの勾配ではシフトチェンジも頻繁になりますが、イライラすることもなく許容量の範囲。のんびりの走行ですから、先を急ぐペースではないですしね。
気持ち良く走っていると1200Rが1台。先ほど我々が景色の良い場所で記念撮影をしている間に先に行った黒いやつです。マイペースで走行されておりました。
その1200Rに信号で追い付きました。ライダーの方は私より少し年配の方でしょうか。「お〜!H-Dの革製ライダージャケット、高そう」などと思っていたらすぐに別々の方向に走る事になりましたが、熱海手前の渋滞では2台並んでおりました。「ん!?883か。ほぅ〜、タンデム仕様か」などとお考えであったでしょうか。また、いつかの機会にお話でもしたいものです。

そして、
熱海到着! 何だか晴れております。フィルターを忘れた私はデジカメの写りを気にしてますが、明るすぎました(泣)。色が飛びます。
でも、マニュアルで撮影するのも面倒なので、そのまま(笑)。後でフォトショップで修正加工するし〜なんてね。でも、限界はある訳ですが・・・。

少し休憩とトイレの後は地図を見ながら第2目的地の相談
じゃ、伊東まで南下しますかの〜?」と一致。暫く走って伊東に到着し、道の駅で休憩。ここは初めて(小虎はね)ですが、広い!飲食には困らないですね。何でもあるんじゃないか?と思えます。

そして、ここで引き返しておけば何も苦しむ事にはならなかったのですが・・・・・。

伊豆高原に昔(20年近く前ですが)来た時に、木八という本店が世田谷のラーメン屋さんがあったんだよ」と私。この木八(世田谷)へはもう30年近くかな?食べに行ってるので、桃隊長にもお薦めしようと思い立ちました。「
じゃ、次は伊豆高原じゃー!」と出発。
うろ覚えの記憶では目的の木八を探せずどうしたものか、と思案。
その結果、「ここまで来たら半島一周も良いんじゃない?」と。そう、ここから
荒行はスタートしていたのです。
私、小虎は伊豆半島様をなめてました。申し訳ございませんでした!思ったより距離があるのね、一周って。。
でも、そこはそれ。土地勘のある隊長にお願いして更に前進。途中、やはり景色の良い場所ではストップしながらツーリング気分を味わっておりました。問題はどのルートを選択するかでもあったのですが、何しろ強風(夜には暴風)なので、海岸線を回避しようと、県道59号線へ。しかーし!昼間お天道様が心地よかったので、
凍結という事態を想像してませんでした(笑)。峠も頂上に差し掛かる手前の小さな橋を通過しようとしたら、ジャリっと聞きたくない嫌ぁ〜な音が。咄嗟にフロント・ブレーキと両足ブレーキで停車しました。凍結です。しっかりと凍結しておりました。道幅が非常に狭い道であった事や路面に砂が浮いていた事、強風で木々の枝や、時折拳大の石が転がっていた事などで低速で走っていたので、何ごともなく停止できました。完全に銀次郎を停めた後、桃隊長に降車してもらって、そのままキャリアを後ろに引いて頂きました。バックです。そ〜〜っとね(笑)
真直ぐに下がって、状況判断。このまま進んでも、また凍結路面が出て来たら悲惨な事になりかねない・・・・・そう判断して引き返すことに。
せっかく登って来た道ですが、転倒しては堪りません。万が一、それだけで済まない場合もあり得る訳ですし。

さて、先程曲がった分岐点まで来た所で、寒さがピークへ。手足の指先が冷たかったので、温める手段を考えてましたが、ちょうどハック(ドラッグストア)があったので、迷わず飛び込みました。使い捨てカイロや塗るタイプのホッカイロなどを購入し、トイレで早速使用。隊長の使い捨てカイロは帰宅まで十分に働いてくれました。また、私の使用した塗るタイプのものも足先にはやや効果があったように思います。いや、足はかなり効いたかな。指は1時間ほどは調子良かったです。

ひと休み終えて、
沼津を目指す事になりました。だってね〜、他のルートは全て凍結だったんですよ(泣)。
沼津から
東名か246号かと選択ですが、強風でへとへとの上に寒さでガタガタだったので、高速はパスしようと。
休みながら安全に走るには一般道の方が良かろうと。 沼津の市街地手前で首から背中にかけての痛みがピークになり、地獄で仏のマックに立ち寄り。腹ごしらえしながら、体を温める事に。約30分ほどの休憩で何とか走る気も復活!! 夜の21時頃に246号線へ。 長距離の大型トラックがブイブイ走っており、我々は後ろにも気を遣いながら東京方面を目指します。が! またも嫌ぁ〜な漢字二文字が・・・「凍結」って文字ですな。
しかーし、ここまで来たら後は無いのです。「
ただいまの気温-4度」という親切な表示。有り難くて涙が〜。
途中、「寒い」という感覚よりも「凍える」という感覚を味わいながら、路面状況とスピードに細心の注意を払いながら進行。時々、後続の大型トラックを先に行かせながら、おっかなびっくりの走行でしたが、無事に山を抜けて帰宅〜。早くお風呂に入りたかった・・・・・。速効で入浴、ベッドに直行の夜でございました。帰宅は0時過ぎ。。。無事で何よりの
伊豆半島荒行だったのです。

 < 走行距離・・・想定外の450キロ > 


【こぼれ話】

今回は文字通りの想定外のツーリングとなりました。
給油も2回ありましたが、
燃費を計算してみると過去の数値を合わせて考えると約21キロ位。
上等ではないでしょうか。運転の仕方が分かりだしたことで燃費も無駄なく、良い線行ってるように思えます。初日は渋滞で市街地。2日目からは渋滞が減りましたから。山道、峠道を含めてしかも
タンデムのデータです。よく走ってくれるものです。感心、感心!

そうそう、下田の道の駅。ここは人もクルマも少なくて駐車場はガラガラ。伊東とは随分異なりました。
あんまり来ないんでしょうかね? ま、時間的な問題かも知れませんけど。
ここで、回転寿司のお店がありまして、突撃しました。
金目鯛の握り・・・非常にウマァ〜なものでしたよ!
たっぷりと脂がのっていて、トロとは別の味わいがありますな。桃隊長も満足げでした。

【教訓】

冬のお出掛けは
事前の道路状況に注意です。過信や適当な推測など、自然を甘く見る事は非常に危険です。
ま、当然と言えば当然なんですけどね。やっぱり無事に帰る事が一番重要です。無理はしない事、これに尽きますな。

国道1号線から135線へ。走ってすぐのコンビニ駐車場で。

シーシーバーにパッドが付いてませんが、かなり雰囲気を醸し出してる
銀次郎。これがかなり効果あるようです。

休憩も軽食もトイレも、コンビニは有り難いですな〜♪

一応、反対側からもね♪
桃隊長の渾身のホワイトレター、どうでしょうか?
かなりグレードアップでしょ!?
デジカメのフィルターを忘れたために、かなりの色飛びですが・・・。

気持ち良いワインディングの途中、見晴らしの良い場所を見つけたので、
思わず停車。

この撮影をしている最中にブロロロロ〜と1200Rが駆け抜けて行きました。

熱海で休憩。
フィルターを忘れた事が悔やまれるカットです(泣)。
他の画像も全て同様。また天気の良い日に行きたいですね。
今度はフィルターを忘れずに・・・。

熱海って良いですよね。
かなり
閑散としており、廃業した旅館やホテルもあると聞きますが。

のんびりと温泉や釣りも良いなぁ〜としみじみ。。。
伊東の「道の駅」ですね。
何でもありそう。
観光バスも多く、伊豆観光の定番休憩ポイントなんですね。

この頃は、まったく天気も良いのです。
夜の事など想像だにしてませんでした・・・ハイ。

特に見回る事もなく、出発しましたので詳細はよく分かっていませんが・・・。

こちらは次の休憩ポイント、下田の「道の駅」でずな。
地魚メインの回転寿司屋さんで美味しい魚を頂きました。

隊長のポーズがその満足度を物語っています・・・。
超ご機嫌・・・この頃は。。。

いや、でも
金目鯛美味しかったです!
イカも各種美味しかった〜♪
この後、中伊豆キャンプツーを敢行した際に、天城からこの店を目指して走った時には、めちゃめちゃ混んでました(泣)。
やっぱり
人気店だったんだぁ〜〜。(2007/02追記)
風景を楽しみながら走るのって良いですな。
風は強かったですが、冬独特のブルーが冴えて美しかったです。海も空も。
まだまだ余裕の頃
ちょっと休憩した
ドライブイン

黒い子猫が2匹いました。
再会する時にはでかくなってるんでしょうね。
ちなみに、少し冷えてきた頃です。

このような「峠の茶屋」的なお店があると安心できますな。

ちょっと霞んでますが、中央に富士山です。
紛れも無く
絶景ポイントですな。

かなり癒されるポイントですぞ。
風は強いものの、まだまだ観光気分ですな、この頃。
そして悪夢の・・・・・凍結現場です!
無理すれば超える事はできたでしょうが、この先にまた同様の凍結箇所があったのでは堪りません。
桃隊長にも手伝ってもらって無事に脱出。

スピードが出てなくて良かったです。
ホントに気をつけないといけませんね。
冬の道、暗い道、初めての道・・・・・。
緊急事態に動じず銀次郎のヘッドライトで地図を見ている
桃隊長。


強風を避けて
内陸コースを取ったのですが、凍結に阻まれました。

この後、修正して
海岸沿いを走ることに。

136号も同様な気配だったので、最も
強風の恐れのある17号線で
沼津へ。実際に凄い風でした(泣)。強風下でマシンをコントロールするのって疲れますからね。
もう、沼津ではヘロヘロ状態でした。

この後は撮影どころではなくなったので、
画像はこれでおしまいなのです(笑)。