富士だ! アメ車にハーレー、CKB
スーパーアメリカンフェスティバル 2005 vol.13   
2005年7月31日   
当日の朝早く出掛けました。行きは東名、帰りは246号でのんびりと。富士スピードウェイのゲートを間違えて少し引き返したりもしましたが、まずまず無難に到着。開門まで時間があったので、駐車場にて持参のチェアなど出してまったりと。時間が経つにつれてどんどん集まって来る全国のアメ車、ハーレー。 これから暑い(熱い)1日が始まるのでした。
スタッフの方が会場で乗ってた2台(上下とも)。 渋いカラーでした。 きらきらしてました。洗練って感じですかね?
一般来場者のバイク群。どれもカスタムしてありましたね。
感心することしきり。。。
桃隊長も偵察中。
隊長、スタンドへも偵察。

イベントの最中も練習走行してましたね、爆音で。

多くのバイクが走ってました。その中で1台、妙に遅いオレンジ色のバイクが・・・。
音は重低音で、他のバイクとは明らかに違う。。。

ん? スポーツスターだったのねん?
この時、やはりスポスタはワンメイクにしか通じないのか・・・と思ったりしました。
戦闘機と爆撃機の違いでしたな、サウンド的には。

出店の様子。でも、これはほんの一部。
(当然ですが・・・)

特に買ったモノは、なかったかな?
桃隊長がCKBブースで何か買ってたかな。

あ、桃隊長の愛車のミニカーをゲット致しましたな! 色も同じの。
MOONのブースもありました。
隊長、何故かポーズ。。。

エ〜ルカミ〜ノゥ〜♪

MOONイエローはどこでも目立ちます。
探すのが楽(笑)。

朝、東名で我々を追い越して行ったのはこいつです! ってどっちだっけ???
これは有名な1台ですよね。雑誌で随分見ましたぞ。 乗れるの?って感じなんですけど。
チカノパークにディスプレイされてましたよね?
ウインドウに張り付いて眺めましたよ♪
品良くまとまってるんですよね、好きです。
これぞ、「アメリカン・グラフティ」の世界から抜け出てきたようなクルマでございます。アメ車でのジムカーナでしたが、迫力ありました。ゼロヨンのかわりに行われたんじゃなかったかな。
カスタムが施されたコンテスト参加車。タイプは違えどどれも美しいのですな。
機能美と言いましょうか。 走っても凄いんでしょうけど。
このイベントでは200カット位の画像があると思います。
最後は、CKBの横山剣さんの愛車Zとベース洞口さんの愛車ですね。コンサートでもお馴染みになってますが、私の大好きなZと
同じMオート販売繋がりの洞口さんハーレーです。

やはり、883以外(ハーレー以外)だったらZ1にしてたかも知れません。ゼファーと迷うでしょうが・・・ね。満足感を取るか、安心を取るか。。。

そう言えば、チカノパーク出展車両は主催者のイクラ氏カスタムだったんでしょうかね? 我々がMオート販売で契約をした日に、スキンヘッドにされたイクラ氏がブルーのスペシャルな1台を納車・・・そんな日でした。でも、全然イクラ氏だとは気付かなかったんですけど(泣)。


【こぼれ話】

このイベントへの参加第一動機は、CKBライブでした(笑)。でも、クールスRCも演奏してました! すんごく懐かしく30年前を思い出しておりました。特設ステージの前には演奏開始前から随分とファンが集まってましたが、クールスRCのファンってCKBは聴かないのねん?・・・と不思議だったですけど。でも、私にはノリノリのライブだった訳です。

Mオート販売さんとの付き合いは、桃隊長がCKBファンだったから・・・と言うのが一番大きい理由かも知れませんね。
後日、イクラ氏のブルーのカスタム新車は彼のブログに登場しておりました。あ〜、やっぱりイクラ氏だったのねん、と。

12月25日(05年)現在、チカノパークのウインドウには、このページの1番上の2台がディスプレーされてますね。
見て確認済みでございます〜。カッコイイですよ、何回見ても。
相変わらず、ショップの中に入る勇気はなんですけどね(笑)